塩化銅水溶液の電気分解 点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

イオンと化学変化。今日は塩化銅水溶液の電気分解に関する問題を演習します。陽極と陰極での変化や水溶液の色の変化などに注目です。

塩化銅水溶液の電気分解

塩化銅水溶液問題右図のように、フォームポリスチレンに炭素棒を差し込み、電源装置の+極とー極につなげ、ビーカー内の塩化銅水溶液を電気分解した。これについて、次の各問いに答えなさい。

(1)塩化銅を水に溶かし、塩化銅水溶液をつくるとき、塩化銅は水の中でどのように電離するか。電離のようすを化学式とイオン式を使って表せ。

(2)塩化銅水溶液に電流を流したところ、陰極には赤褐色の物質が付着してきた。また、陽極からは細かな泡が発生していた。陰極と陽極に発生した物質は何か。物質名をそれぞれ答えなさい。

(3)陽極から発生した気体を調べる方法とその結果を、簡潔に書きなさい。

(4)塩化銅水溶液の色は何色か。また、電気分解を進めていくと、水溶液の色はどうなるか、簡潔に答えなさい。

(5)次の文は、塩化銅水溶液の電気分解についてまとめたものである。文中の( )に適する語句を入れなさい。

塩化銅水溶液に電流を流すと、陽極では( ① )イオンが電子を( ② )、陰極では( ③ )イオンが電子を( ④ )いる。

(6)塩化銅水溶液の電気分解のようすを化学反応式で書け。

スポンサーリンク

塩化銅水溶液の電気分解 解答・解説

(1)CuCl2→Cu2++2Cl

塩化銅の化学式はCuCl2です。塩化銅は電解質なので、水に溶かすと電離し、銅イオンCu2+1個と塩化物イオンCl2個に電離します。

(2)陰極: 陽極:塩素

塩化銅水溶液中の陽イオンである銅イオンCu2+が陰極に引き寄せられ、電子を2個受け取って銅原子に戻り、陰極に付着します。一方の陰イオンである塩化物イオンClは陽極に引き寄せられ、電子を1個失って塩素原子になり、塩素原子が2個結びついて気体となって発生します。

(3)赤インクをしみ込ませたろ紙を近づけると、色が抜けて白くなる。

陽極から発生する気体は塩素Cl2です。塩素には脱色作用があるので、インクをしみ込ませたろ紙を白くするはたらきがあります。

(4)塩化銅水溶液の色: 色の変化:うすくなっていく。

塩化銅水溶液の中には、銅イオンCu2+が存在します。銅イオンは青色を示します。また、電気文化を進めていくと、銅イオンが銅原子に変化していくので青色はうすくなっていきます。

(5)①塩化物 ②失い ③ ④受けとって

塩化銅水溶液中の陽イオンである銅イオンCu2+が陰極に引き寄せられ、電子を2個受け取って銅原子に戻り、陰極に付着します。一方の陰イオンである塩化物イオンClは陽極に引き寄せられ、電子を1個失って塩素原子になり、塩素原子が2個結びついて気体となって発生します。

(6)CuCl2→Cu+Cl2

塩化銅水溶液に電流を流すと、銅と塩素に電気分解されます。塩化銅の化学式がCuCl2であることに注意しましょう。
基本の復習中3理科「塩化銅水溶液の電気分解」イオンの動きから発生する物質まで!

次の学習内容

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク