酸・アルカリに関する問題 点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

イオンと水溶液の酸・アルカリに関する問題演習です。酸性やアルカリ性の正体を暴きましょう。

酸・アルカリに関する問題

酸・アルカリ

問題右図のように、硝酸カリウム水溶液をしみこませたろ紙上に、赤色、青色リトマ
ス紙を置き、中央に10%の塩酸をしみこませたろ紙を置いて金属クリップの両端に電圧をかけたところ、リトマス紙のある部分の色が変化していった。

(1)図で色が変化する部分を、ア~エの中からから1つ選び、記号で答えよ。

(2)図で色が変化する理由を、原因となるイオン名を用いて、簡潔に説明せよ。

(3)塩酸と同じように、リトマス紙の色を変化させる水溶液を、次のア~オの中からすべて選び、記号で答えよ。
ア 水酸化ナトリウム水溶液
イ 塩化ナトリウム水溶液
ウ エタノール
エ 炭酸水
オ 酢

(4)中央のろ紙に、うすい水酸化ナトリウム水溶液をしみ込ませ、金属クリップの両端に電圧をかけた場合、どのリトマス紙の色が変化するか。ア~エの中から1つ選び、記号で答えよ。

(5)水酸化ナトリウムが水に溶けて電離するようすを、化学式とイオン式を用いて表せ。

スポンサーリンク

酸・アルカリ 解答・解説

(1)

塩酸は酸性の水溶液なので、青色リトマス紙を赤色に変色させます。酸性の正体は塩酸中の陽イオンである水素イオンH+なので、陰極側に引き寄せられる。したがって、陰極側の青色リトマス紙であるイの色が変化します。

(2)酸性を示す水素イオンは陽イオンなので、陰極に引き寄せられ、青色リトマス紙を赤色に変えるから。

酸性の水溶液中には、必ず水素イオンH+が存在します。水素イオンは陽イオンなので、陰極側に引き寄せられます。

(3)エ、オ

炭酸水は二酸化炭素が水に溶けた水溶液で、弱い酸性を示す物質です。酢は酢酸が溶けた水溶液で、これも弱い酸性を示します。水酸化ナトリウム水溶液はアルカリ性で、塩化ナトリウム水溶液(食塩水)とエタノールは中性になります。

(4)

水酸化ナトリウム水溶液はアルカリ性の水溶液なので、赤色リトマス紙を青色に変色させます。アルカリ性の正体は水酸化ナトリウム水溶液中の陰イオンである水酸化物イオンOHなので、陽極側に引き寄せられる。したがって、陽極側の赤色リトマス紙であるウの色が変化します。

(5)NaOH→Na++OH

水酸化ナトリウムの化学式はNaOHで、電離するとナトリウムイオンNa+と水酸化物イオンOHに電離します。水に溶けて水酸化物イオンOHが生じ、アルカリ性を示す物質をアルカリといいます。
基本の復習中3理科「酸とアルカリ」水素イオンや水酸化物イオンの移動の問題

次の学習内容

中3理科「酸性・アルカリ性の水溶液」この水溶液は絶対に覚える!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク