高気圧と低気圧に関する問題 点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

天気分野で登場する、高気圧や低気圧に関する問題を演習します。等圧線の読み方や天気の特徴も理解しているか確認していきましょう。

高気圧と低気圧に関する問題

天気図問題図は、ある日の日本付近の天気図の一部である。これについて、次の各問いに答えなさい。

(1)図にかかれた、同じ時刻で気圧の等しい地点を結んだ線を何というか。

(2)図中の黒い点・の場所の気圧は何hPaか。

(3)気圧が高い場所と、気圧が低い場所では、どちらの方が天気が悪くなることが多いか。

(4)低気圧付近での空気の動きを正しく表しているものはどれか。ア~エから1つ選び、記号を書け。
高気圧と低気圧

スポンサーリンク

高気圧と低気圧に関する問題 解答・解説

(1)等圧線

空気の重さによる圧力を「大気圧」もしくは「気圧」といいます。同時刻の気圧が等しい地点を結んだ線を等圧線といいます。

(2)1016hPa

気圧は、低気圧から高気圧に向かって高くなり、高気圧から低気圧に向かって低くなっていく来ます。また、等圧線が引かれる間隔は4hPaごとになっています。したがって、図中の黒点の気圧は1020hPaから、低気圧の中心に向かって4hPaごと低くなるので、1016hPaになります。

(3)気圧が低い場所

まわりと比べて気圧が低い場所を「低気圧」といいます。低気圧の中心付近では、上昇気流が生じており、雲ができやすいです。したがって、気圧が低い場所で天気が悪くなる傾向があります。

(4)

高気圧と低気圧での中心付近での空気の流れは次の通りです。

  • 高気圧…下降気流・時計回りにふき出す
  • 低気圧…上昇気流・反時計回りに吹き込む

基本の復習中2理科「高気圧と低気圧」時計回り?反時計回り?気圧の読み方まで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク