回路と電流・電圧のルールの問題!点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

回路と電流・電圧に関する基本問題を演習します。直列回路と並列回路での電流、電圧の関係を見ていきましょう。

回路と電流・電圧の問題

問題下の図のように、導線を接続し電流が流れる回路をつくった。これについて、次の各問いに答えよ。

(1)図1のように、電流が流れる回路が枝分かれしている回路を何というか。

(2)図1の回路で、a点に1.2A、c点に3.0Aの電流が流れているとき、b点には何Aの電流が流れているか。

(3)図1の回路で、電源の電圧が12Vのとき、R₁とR₂にはそれぞれ何Vの電圧がかかるか。それぞれ答えなさい。

(4)図2のように、電流が流れる回路が枝分かれしていない回路を何というか。

(5)図2の回路で、d点に2.3Aの電流が流れているとき、電源には何Aの電流が流れているか。

(6)図2の回路で、電源の電圧が12Vのとき、R₁に5.0Vの電圧がかかっているとき、R₂には何Vの電圧がかかるか。

スポンサーリンク

回路と電流・電圧 解答・解説

(1)並列回路

電流が流れる回路が枝分かれしている回路を並列回路といいます。「並列」を「平列」と間違わないようにしましょう。

(2)1.8A

並列回路の場合、各抵抗に流れる電流の和が、電源に流れる電流と等しくなります。電源に流れる電流が3.0Aで、R₁に1.2Aの電流が流れているので、R₂には、3.0-1.2=1.8Aの電流が流れています。

(3)R₁:12V R₂:12V

並列回路の場合、回路にかかる電圧は、どこでも等しくなります。電源の電圧が12Vなので、各抵抗にも12Vの電圧がかかります。

(4)直列回路

電流が流れる回路が途中で枝分かれしていない回路を直列回路といいます。電圧計が並列に接続されていても直列回路になる点に注意しましょう。

(5)2.3A

直列回路の場合、電流が流れる道が1本しかないので、電流はどこでも同じになります。したがって、電源に流れる電流も2.3Aになります。

(6)7.0V

直列回路の場合、各抵抗にかかる電圧の和が電源の電圧と等しくなります。電源の電圧が12Vで、R₁に5.0Vの電圧がかかっているので、R₂には、12-5.0=7.0Vの電圧がかかります。
基本の復習中2理科「回路と電流・電圧」直列回路と並列回路のルールを知る!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク