高校入試小論文・作文対策「書く上での注意点まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試小論文・作文対策「書く上での注意点」をまとめています。

書く上での注意点

  1. 題意に沿う(自分勝手に自由に書かない)
  2. 知っていることを書く(背伸びしない)
  3. 字数稼ぎはしない
  4. 準備なしにそのまま書かない
  5. 誤字・脱字はしない
  6. 幼稚な表現は使わない
スポンサーリンク

題意に沿う(自分勝手に自由に書かない)

論理の展開があまりにも独りよがりなものがあります。しっかり、構成を考え書くようにしましょう。それがつまり、人が読んで納得いくようになります。陥りがちなのが、自分の得意なテーマが出されときです。そんなときに、つい自分の考えを展開してしまう人が少なくありません。書きやすいテーマ・題材のときほど、問われていることに正確に解答することが大事です。

知っていることを書く(背伸びしない)

ちょっと聞いたことある用語を使ってしまったり、間違って用語を使ったりすることはダメです。また、自分で消化しきれていない概念や用語を使って論述してしまい、自分で論理性を失ってしまう人もいます。背伸びしないで、しっかり、理解していることを確実に論じていくことが大切です。

字数稼ぎはしない

「具体例が大半」など安易な字数かせぎをしてはいけません。つまり、問題提起と結論が前後にちょっとだけあって、大半が具体例という答案があります。具体例で字数をかせぎたい気持ちはわかりますが、自分の論をきちんと書いていることが重要です。

準備なしにそのまま書かない

何が出ても、どんなことを問われても「これで書こう」 と考えている腹をくくっている人もいますが、それはいけません。問題の意味や意味するところが的確につかみ、それに沿って書く必要があります。主張や理由など論点を整理、準備をして記述していきましょう。日ごろから、ものを見たり、聞いたりしたときに、自分の意見や理由を整理し、準備する習慣をつけましょう。

誤字・脱字はしない

段落構成や内容がよくても、誤字・脱字があると減点になります。見直しの時間をとって、日ごろから見直すことが大事です。

幼稚な表現は使わない

「うれしいです」「悲しいです」など「形容詞+です」や「やっばり」など、口語表現、話し言葉があると、表現力の点数が減点となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク