促成栽培と抑制栽培のそれぞれの特徴と違いの比較

中学地理の日本の農業で習い、テストでもよく出題されるところでもあるので、それぞれの促成栽培と抑制栽培を説明できるくらいまで繰り返し、表を書いて比較しながら覚えていきましょう。

促成栽培と抑制栽培

比較 促成栽培 抑制栽培
特徴 温暖な気候を生かして、野菜の生育を早めて出荷 夏の冷涼な気候を生かし、出荷時期を遅らせて高原野菜を出荷
地域 高知県、宮崎県など 中央高地(長野県など)
野菜 ピーマンなど レタス
メリット その時期にない野菜なので、高く売ることができる
スポンサーリンク

練習問題

以下の文を読んで,次の問いに答えよ。

暖かい気候を利用して,出荷時期を( ① )する栽培方法を( A )栽培という。( A )とは逆に,冷涼な地域を利用して,出荷時期を( ② )する栽培方法を( B )栽培という。高知県,長野県,宮崎県のうち,( A )栽培を行っているのは[ ア ]、[ イ ]県で,( B )栽培を行っているのは[ ウ ]県である。特に[イ]では,( C )の収穫量が全国の3割を占めている。

(1)(①)と(②)に入る語の組み合わせのうち適切なものを選び,記号で答えましょう。

①:遅く ②:早く
①:遅く ②:遅く
①:早く ②:遅く
①:早く ②:早く
(2)(A),(B)には適切な語を,(C)には野菜名を入れましょう。

(3)[ア],[イ]に入る都道府県名を答えましょう。[ア],[イ]のどちらかには2つの都道府県名が入ります。

解答

(1)3.(①早く,②遅く)
(2)(A)促成 (B)抑制 (C)レタス
(3)[ア][イ]高知県,宮崎県(順不同) [ウ]長野県

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする