中学公民の「民事裁判と刑事裁判」の比較・違い

シェアする

スポンサーリンク

民事裁判と刑事裁判の比較と違いです。そのしくみの比較と違いについては、入試でも頻出され、裁判員制度と絡めて時事的な問題としても要注意なところです。

民事裁判と刑事裁判

比較 民事裁判 刑事裁判
種類 私人の間の争い 犯罪行為の有罪・無罪の決定
その他 原告…訴えた人 検察官…被疑者を起訴
被告…訴えられた人 被疑者…罪の疑いのある人
被告人…起訴された被疑者
スポンサーリンク

補足

いずれの裁判にも、人権保障があり、逮捕・捜索には裁判官が出す令状が必要であり、逮捕された後も、黙秘権、弁護人の依頼が認められています。また、推定無罪の原則で、裁判は公開されます。

裁判で知っておきたい重要用語

  • 裁判所…三権のうち司法権を担当する
  • 三審制…同じ事件について3回まで裁判を受けられる制度
  • 違憲審査制…国会が制定した法律が憲法に違反していないかどうかを、裁判所が審査すること
  • 最高裁判所…憲法の番人とよばれる
  • 弾劾裁判所…裁判官をやめさせるかどうかについての裁判をする裁判所。国会が設置する。

裁判員制度

国民が重大な刑事裁判に参加し、裁判官と一緒に有罪・無罪や刑の内容を決める制度。

司法権の独立

裁判官は、自らの良心に従い、憲法におよび法律にのみに拘束される原則。

裁判に関する練習問題

  1. 起訴された被疑者を何というか。
  2. 原告に訴えられた人を何というか。
  3. 逮捕・捜索には裁判官が出す何が必要か。
  4. 国民が重大な刑事裁判に参加し、裁判官と一緒に有罪・無罪や刑の内容を決める制度を何というか。
  5. 裁判官は、自らの何に従わなければならないか。

解答

  1. 被告人
  2. 被告
  3. 令状
  4. 裁判員制度
  5. 良心

あわせて確認

以上が、中学公民の「民事裁判と刑事裁判」の比較・違いです。入試でも頻出のところで、かつ覚えることが多く、あいまいになりがちです。テスト前には、必ず復習してテストの挑みたいところです。テストでも差がつきやすいところですので、ここで一気に点数を稼ぎ、合格を近づけましょう。

スポンサーリンク

シェアする