最澄と空海の比較

シェアする

スポンサーリンク

入試や定期テストでは、「比較」や「違い」について出題されることが多いです。今回は最澄と空海の比較をしてみたいと思います。

最澄と空海の比較

比較 最澄 空海
宗教 天台宗 真言宗
比叡山 高野山
延暦寺 金剛峯寺
場所 滋賀・京都 和歌山県
生まれ 滋賀 香川
教え 誰でも仏になれない 誰でも仏になれる

2人とも、桓武天皇のときの遣唐使に従って、唐(中国)に渡り、新しい考えの仏教を学んで帰りました。

スポンサーリンク

平安時代の用語

2人が生きた時代は、平安時代です。押さえておくべき用語として

  • 桓武天皇…794年に平安京に都を移す
  • 蝦夷…東北地方に住み、律令国家に抵抗
  • 坂上田村麻呂…征夷大将軍となり、東北地方を平定。
  • 菅原道真…遣唐使の廃止を訴え、認められる。
  • 高麗…朝鮮半島で新羅をほろぼす

練習問題

次の問いに答えよ。
(1)比叡山延暦寺に新しい宗教を開いたのは誰か。
(2)真言宗を開いたのは誰か。
(3)征夷大将軍となり、東北地方を平定のは誰か。
(4)遣唐使の廃止を訴え、認められたのは誰か。
(5)日本が平安時代のころ、朝鮮半島で新羅をほろぼした国はどこか。

解答

(1)最澄
(2)空海
(3)坂上田村麻呂
(4)菅原道真
(5)高麗

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする