中学歴史の尊王攘夷運動期の薩摩藩と長州藩の動きの比較と違い

シェアする

中学歴史の尊王攘夷運動期の薩摩藩と長州藩の動きの比較と違いです。尊王攘夷運動とは、天皇を尊ぶ尊王論と外国の勢力を排除しようとする攘夷論が結びついた。幕府に対する反対運動です。その頃の、薩摩藩と長州藩の動きの比較と違いをまとめています。それでは、中学歴史の尊王攘夷運動期の薩摩藩と長州藩の動きの比較と違いをみていきましょう。

薩摩藩と長州藩

薩摩藩 長州藩
1862年 イギリス人を殺害する事件を起こす
1863年 イギリス艦隊の報復攻撃を受ける 下関(関門)海峡を通る外国船を砲撃
1864年 4国の連合艦隊の報復攻撃を受ける

薩長同盟1866年薩摩藩と長州藩が土佐藩の出身の坂本龍馬の仲立ちで同盟を結び、倒幕を目指す。

スポンサーリンク

倒幕への動き

  • 民主の動き…世直し一揆や打ちこわしが多発。1867年には「ええじゃないか」と踊るさわきが流行。
    攘夷に失敗した薩摩藩・長州藩が倒幕運動の中心となった。

比較と違い(中学歴史編)

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク