中学歴史「世界恐慌|ニューディール政策とブロック政策」比較

シェアする

スポンサーリンク

世界恐慌でのニューディール政策とブロック政策の比較と違いをまとめています。世界恐慌は、1929年、アメリカのニューヨークでの株価暴落をきっかけに起こった世界的な経済の混乱でそこでとられた政策は、ヨーロッパ諸国とアメリカでは違ったものでした。そのあたりをまとめています。それでは、中学歴史の世界恐慌でのニューディール政策とブロック政策の比較と違いをみていきましょう。

ニューディール政策とブロック政策

政策 ニューディール政策 ブロック政策
アメリカ イギリス・フランス
実行者 ルーズベルト大統領
内容 積極的な公共事業 保護貿易
スポンサーリンク

ニューディール政策

アメリカの対応でルーズベルト大統領の下で積極的な公共事業。農業や工業の生産調整、労働組合の保護を推し進めた。

ブロック経済

イギリス・フランスがとった対応で、植民地と本国との貿易を拡大し、他国からの商品に対する関税を高くする経済政策。

五か年計画

ソ連は、それ以前からの経済計画(5カ年計画)を行っていたので世界恐慌の影響を受けなかった。各国は、それぞれの方法で経済の復興を目指した。

その他の国への影響

  • イタリア…ムッソリーニのファシスト党が政権をにぎり、独裁を行う。世界恐慌で経済を行き詰まるとエチオピアを侵略して、併合しました。
  • ドイツ…ヒトラーの率いるナチス(国民社会主義ドイツ労働者党)が、ドイツ民族を優秀さを強調する宣伝活動を支持を集め、政権を握りました。ユダヤ人を迫害し、共産主義者や自由主義者を攻撃しました、国際連盟から脱退し、軍備を増強し、軍事大国。全体主義国家でした。

日本への影響

農産物の価格の下落や基金などで国民生活が苦しくなる。労働争議・小作争議が激しくなった。政党政治は、行き詰まり、1930年ロンドン海軍軍縮会議が開かれ、イギリス・アメリカと共に軍縮条約を結ぶ。天皇の権限の侵害があるとされ、浜口雄幸首相が右翼の青年をおそわれ、退陣する。日本では経済でも政治でも行き詰まった状態になる。
もっと詳しく浜口雄幸内閣についてのまとめ

まとめ

世界恐慌期には都市で工場閉鎖や解雇によって失業者が増大し、そのため帰村しなければならなかった女工も多かった。世界恐慌によってアメリカ向け生糸の輸出が激減したため、日本の養蚕業は大打撃をうけた。

<日本>
都市の失業者が農村に戻ると、農家の生活困難は深刻化した。昭和恐慌の前後の時期、地租改正によって地租が定額・金納化されていたため、恐慌によっても地租は下がらず、農家の窮乏化はいっそう進んだ。昭和恐慌の原因は、世界恐慌の影響と金解禁による不況の2つが重なったことによる。昭和恐慌の後には、日本は柳条湖事件を発端として、中国への侵略を拡大していった。世界恐慌からの回復期には、日本における低賃金・長時間労働に対してイギリスから非難が寄せられた。

比較(歴史編)

以上が、中学歴史「世界恐慌|ニューディール政策とブロック政策」比較となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク