入試に出る世界の農業の比較・違いと特徴を知ろう!

入試に出る世界の農業の比較・違いと特徴を知ろう!ということで、世界で行われている農業を挙げています。しっかり、その違いと特徴をしり、また地図帳でその位置を確認すること忘れずに!

世界の農業の比較・違いと特徴

  • 地中海式農業 中海沿岸で乾燥する夏は果樹栽培、降水量の多い冬は小麦を栽培する農業またアメリカカルフォルニア州ではぶどうやオレンジの栽培
  • 適地適作 土地の条件に適した作物を栽培する農業
  • プランテーション 土地の条件に適した作物を栽培する農業、また東南アジアやアフリカなどに多く見られる植民地時代に欧米諸国の資本で開かれた大農園
  • 焼畑農業 森林を伐採して焼き、その灰を肥料としてヤムいもなどを栽培する農業
  • 混合農業 ヨーロッパ近くで広く行われている。牛肉や豚などの飼育と小麦や飼料作物の栽培を組み合わせた農業、またオーストラリアでは南東部と南西部で行われている農業 小麦と羊の飼育を組みあわせた農業
スポンサーリンク

練習問題

  1. 中海沿岸で乾燥する夏は果樹栽培、降水量の多い冬は小麦を栽培する農業を何というか。
  2. 土地の条件に適した作物を栽培する農業を何というか。
  3. 森林を伐採して焼き、その灰を肥料としてヤムいもなどを栽培する農業を何というか。

解答

  1. 地中海式農業
  2. 適地適作
  3. プランテーション
スポンサーリンク

シェアする