中学公民の「選挙の原則」

シェアする

テストに出る「選挙の基本4原則」の比較と違いです。選挙は国民が政治に参加する大切な機会であり、選挙の基本原則の普通選挙・平等選挙・直接選挙・秘密選挙の4原則のもとで行われます。それでは、テストに出る「選挙の基本4原則」の比較と違いをみていきましょう。
確認中学公民の「政治参加と選挙制度」

選挙の原則

わが国のせんきょは、公正に代表者を選ぶために4つの原則があります。

  • 選挙権…国民が代表を選ぶ権利のこと
  • 被選挙権…選挙おいて、当選人となれる資格のこと
スポンサーリンク

普通選挙

財産や性別に関係なく、選挙権が与えられます。現在の選挙権は18歳となっています。1925年以前は、一定額以上の納税をする男子にだけにしか選挙権が認められていませんでした。しかし、選挙権が財産や性別などで制限されている選挙では、国民の意思を政治に生かすことはできません。ですから、財産や性別の制限がない普通選挙が大切です。

平等選挙

一人一票を平等にあつかいます。日本国憲法では、選挙人の資格を人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産、収入によって差別してはならないと定めています。

直接選挙

選挙権を持っている人が、議員を直接選出します。

秘密選挙

投票の秘密を守るために、無記名投票で行われます。現代の民主政治のもとで行われる選挙では、秘密選挙は当たり前のことですが、明治時代の第1回衆議院議員総選挙では、警察官や立会人の監視のもとで、住所・氏名を書いて印鑑を押して一票を投じるというものでした。

直接選挙に対しての間接選挙

直接選挙に対して、間接選挙の代表例としてアメリカのの大統領選挙があります。アメリカの大統領選では、一般の有権者が大統領選挙人を選び、その選挙人が大統領を選挙するという間接選挙を採用しています。この大統領選挙人による選挙で過半数の選挙人を得た候補者が大統領に選出されます。

わが国の選挙権の歴史

  • 1889年 直接国字を15円を納める満25歳以上の男子
  • 1925年 満25歳以上の男子
  • 1945年 満20歳以上の男女
  • 2015年 満18歳以上の男女

あわせて確認

以上が、中学公民の「選挙の原則」です。しっかり理解しておきましょう。特に数字に気をつけておきましょう。入試では、そこまで出題率が高いとまで言えませんが、出ないとも言い切れません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク