高校入試歴史のよく出る政治のしくみ(摂関政治と執権政治)の比較と違い

高校入試歴史のよく出る政治のしくみ(摂関政治と執権政治)の比較と違いです。平安時代の摂関政治、鎌倉時代の執権政治はよく出題されます。それぞれの政治の特徴を比較しながら一気に覚えていきましょう。それでは、高校入試歴史のよく出る政治のしくみ(摂関政治と執権政治)の比較と違いをみていきます。

摂関政治と執権政治

政治 摂関政治 執権政治
特徴 天皇が幼いときに摂政、成長後は関白として実権 執権として実権
時代 平安時代 鎌倉時代
人物 藤原氏(藤原道長・頼道) 北条氏
荘園 六波羅探題
平等院鳳凰堂 御成敗式目
スポンサーリンク

摂関政治

  • 荘園…朝廷の重要な地位を独占した藤原氏は、地方の政治を任された国司から多くの寄付を受け、荘園と呼ばれる私有地を増やす。
  • 平等院鳳凰堂…藤原頼道が宇治に建てた阿弥陀堂。

執権政治

  • 執権…将軍の補佐役。頼朝の死後、北条氏が独占。
  • 承久の乱…1221年後鳥羽上皇が幕府を倒そうとして、挙兵するが失敗。幕府の支配が拡大する。
  • 六波羅探題…承久の乱の後、京都に置かれた幕府の役所。朝廷の監視や西国の武士の統率をさせた。
  • 御成敗式目…1232年執権の北条泰時が制定した裁判の基準を御家人に示すための法律。

練習問題

  1. 藤原頼道が宇治に建てた阿弥陀堂を何というか。
  2. 1221年後鳥羽上皇が幕府を倒そうとして、挙兵するが失敗した乱を何というか。
  3. 承久の乱の後、京都に置かれた幕府の役所。朝廷の監視や西国の武士の統率をさせた機関を何というか。
  4. 1232年執権の北条泰時が制定した裁判の基準を御家人に示すための法律を何というか。

解答

  1. 平等院鳳凰堂
  2. 承久の乱
  3. 六波羅探題
  4. 御成敗式目

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする