日清戦争と日露戦争のきっかけや条約など比較まとめ

シェアする

スポンサーリンク

清戦争と日露戦争のきっかけや条約など比較まとめです。入試でもよく出題されるところです。確実に、それぞれ出てくる事柄が、日清戦争と日露戦争のどちらに関係するのか整理しながら覚えていきましょう。それでは、日清戦争と日露戦争のきっかけや条約など比較まとめです。

日清戦争と日露戦争

戦争 日清戦争 日露戦争
年号 1894 1904
きっかけ 甲午農民戦争 義和団事件
条約 下関条約 ポーツマス条約
戦後 三国干渉 日比谷焼き討ち事件
スポンサーリンク

下関条約

  • 清は、朝鮮の独立を認める。
  • 清は、日本に、遼東半島・台湾・澎湖諸島をゆずる。日本は、台湾総督府を置き、植民地化をすすめる。
  • 清は、日本に、賠償金2億両(現在価値3億円以上、当時の国家予算の4倍以上に相当)を支払う。日本は、これを軍備膨張費に使う。

三国干渉

ロシア・ドイツ・フランスが日本が下関条約で獲得した遼東半島を清に返還するように勧告し、日本は要求に従った。清が衰え、日本や欧米諸国に分割された。

ポーツマス条約

  • ロシアは、韓国における日本の優越権を認める。
  • ロシアは、旅順・大連の租借権、長春以南の鉄道の利権をゆずる。
  • ロシアは、北緯50度以南の樺太を割譲。
  • ロシアは、沿海州、カムチャツカ半島周辺の漁業権を認める。

日比谷焼き討ち事件

戦争の犠牲の大きさに対し賠償金が得られないことから国民がおこした暴動。日本は列強としての地位を固め、大陸の進出を狙う。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする