【中学英語】名詞・冠詞(aとthe、可算と不可算名詞の使い分け)

シェアする

スポンサーリンク

【中学英語】名詞・冠詞(aとthe、可算と不可算名詞の使い分け)についてまとめています。

数えられる名詞

  • I have a book in my hand. 私は手に本を持っています。
  • There are many books in the library. 図書館にはたくさんの本があります。
  • Mr. Brown has two children. ブラウンさんには子どもが2人います。
スポンサーリンク

ポイント

名詞は人やものごとを表す語で,数えられる名詞と数えられない名詞がある。数えられる名詞には普通名詞(book, hand など)と集合名詞(family, teamなど)の2種類がある。

  • 単数の場合…前にaや an がつく。
  • 複数の場合…複数形になる。

複数形の作り方

ふつうは語尾にsをつける。語尾が s, sh, ch, xなどのときは, es をつける。語尾が子音字+y)のときは,yをiにかえて es をつける。語尾がf, feのときはf(e)を vにかえて es をつける。不規則に変化するもの(child → children など)や, 単数形と複数形が同じもの(fish, sheep など)もある。

数えられない名詞

  • Would you like a cup of coffee? コーヒーを1杯いかがですか。
  • I like Soccer. 私はサッカーが好きです。
  • Sapporo is a big city in Japan. 札幌は日本の大きな都市です。

ポイント

数えられない名詞は、物質名詞(coffee, water など), 抽象名詞(soccer, music など), 固有名詞(Sapporoなど)は数えることができない。ふつう,a、anはつかず,複数形にもならない。

物質名詞の数え方

物質名詞は容器や単位で数え, 複数を表すときは容器・単位を複数形にする。(例) a glass of water → two glasses of water

集合名詞

集合名詞は人や物の集合体を表すので、その集合体を構成する個々のものに着目するときは、単数形でも複数扱いにする。
My family are all well. (私の家族は全員元気です)

物質名詞

water, snow, money, bread な ど、一定の形をもたない物質を表す語。

抽象名詞

love, time, life, peace など, 一般概念や状態・性質などを表す

冠詞

  • I have a camera [an apple). 私はカメラ[リンゴ)を持っています。
  • The camera is new. そのカメラは新しい。
  • The sun sets in the west. 太陽は西に沈みます。

ポイント

a, an,theは数えられる名詞の単数形につく。子音で始まる単語の前では a, 母音で始まる単語の前では an を使う。

theの使い方

theは、前に出た名詞をくり返す場合, 初めて出た名詞でも相手にわかっているものを指す境合, 天体や自然で1つしかないものを指す場合は the を使う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク