室町時代の座や惣など民衆の自治・職種や組織の違いと特徴の比較まとめ

室町時代の座や惣など民衆の職種や組織の違いと特徴の比較まとめです。室町時代には、民衆の活躍もあり、それに関する問題もよく出題されるのですが、名称と役割など普段聞きなれていないので、ごちゃごちゃになる受験生も少なくありません。これを機会にしっかり覚えなおしましょう。

室町時代の民衆の組織と職種

組織・職種 内容
同業者組合
農民の自治組織
馬借 運送業
問丸 倉庫業
土倉・酒屋 金貸し・金融業
  • 明銭、宋銭などの銅銭が流通。堺・博多などの港町が発展
  • 京都、堺などの都市では町衆が自治を行う。
  • 農村ではかんがいに、水車を使用
スポンサーリンク

商人や職人は、自分たちの利益を守るために勢いの強い貴族や、大きな神社・寺院などの保護を受け同業者の組合をつくりました。これが座です。座の人々は、これらの貴族・神社・寺院などに座銭というお金や品物を納めたり座役という仕事な請け負ったりしました。その代わり、座に入っていない人々が自分たもと同じ商売が出来ないようにしてもらったのです。

農村には、惣とよばれる自治組織がつくられ、寺や神社で寄合を開いて、農業用水路の維持・管理や用水の配分、森林の利用や管理、祭りのことなどについて村のおきてを定めました。また、惣にまとまった農民は、荘園領主と交渉して年貢を引き下げたり、無理な取り立てをする横暴な荘官をやめさせたりしたほか、惣の責任で年貢を納めたりしました。

練習問題

  1. 室町時代の、農村の自治組織を何というか。
  2. 室町時代の商人や職人の同業組合を何というか。
  3. 室町時代の京都や堺では、誰が自治を行ったか。

解答

  1. 町衆

比較と違い(中学地理編)

比較と違い(中学歴史編)

比較と違い(中学公民編)

スポンサーリンク

シェアする