中学公民「財政収入(歳入)と租税(税金)」種類と比較

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「財政収入(歳入)と租税の種類」です。中学公民には、「直接」「間接」という名の比較する事柄多いですので、それぞれにおいて、確実に覚えていく必要があります。今回は、「税金」についてです。それでは中学公民の「財政収入(歳入)と租税の種類」をみていきましょう。

財政収入(歳入)

財政収入(歳入)とは、国の収入といべきものですが、その内訳は、租税と公債金がほとんどです。

  • 租税・印紙収入…ほとんどが税金による収入で、一般会計の中で最も大きな割合をしめています。
  • 公債金…国債の発行による借入金です。
  • 租税…国税、地方税、直接税、間接税などがあります。
スポンサーリンク

国税

国税とは国がかける税金のことです。国税は直接税を中心とした体系になっていますが、消費税の導入によって徐々に間接税のウエイトが高まっています。

地方税

地方税とは、地方自治体がかける税金です。地方税は道府県税と市町村税と分かれ、さらに一般的に経費にあてるための普通税と、特定の費用にあてるための目的税とに分かれます。

直接税と間接税

種類 直接税 間接税
内容 納税者と担税者(実際の負担者)が一致する税 納税者と担税者が異なる税
法人税・所得税・相続税・贈与税など 消費税・印紙税・ゴルフ場利用税など

消費税は収入の少ない人の負担率が高くなるという問題がある。また、所得税は、所得が多いほど税金が高くなる累進課税がとられている。

直接税のメリット・デメリット

  • メリット…納税者の経済的な負担能力に対して、細かい配慮ができる。
  • デメリット…収入が増えれば税負担も増えるため、勤労意欲を損ないやすい。

間接税のメリット・デメリット

  • メリット…消費税の額が同じなら、所得の大きさに関係なく、同じ負担を負う。
  • デメリット…低所得者ほど税負担が重くなる傾向がある。

租税(税金)の役割

国民の「健康で豊かな生活」を実現するために、国や地方公共団体が行う活動の財源となる。私たちは一人では生きていけません。税は、私たちが社会で生活していくための、いわば「会費」といえます。

租税(税金)の徴収方法

租税の徴収の方法には、

  • 申告納税制度…納税者が自主的に収入を申告し、税務署の査定を経て税金を納める
  • 源泉徴収制度…会社などの給与の支払い者が、給与を支払う際に、あらかじめその税額を差し引いて徴収します。

粗税の原則

課税する際に守るべき原則に 次のようなものがある。

  • 公平の原則…租税の負担は、収入に比例して公平であること。
  • 明確性の原則…納税の期日・方法・金額などが明確であること。
  • 便宜の原則…納税の時期や方法が、納税者に便利であること。
  • 徴税費最少の原則…徴税費用ができるだけ少なくてすむこと。

公民の比較事項

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク