【中学理科】化学変化と質量・熱の一問一答

【中学理科】化学変化と質量・熱の一問一答です。化学変化に関する分野は計算が多いと思われがちですが、実は覚えるべきことが盛りだくさんの単元となっています。覚えるべきところはしっかりと覚えていきましょう。

スポンサーリンク

化学変化と質量・熱の一問一答の問題

  1. 銅と酸素が反応するときの質量の比を、最も簡単な整数の比で答えよ。
  2. 4.0gの銅粉を加熱すると、5.0gの酸化銅ができた。0.8gの銅を加熱すると、何gの酸化銅ができるか。
  3. マグネシウムと酸素が反応するときの質量比を、最も簡単な整数の比で答えよ。
  4. 3.0gのマグネシウムを加熱すると、5.0gの酸化銅マグネシウムができた。0.6gのマグネシウムを加熱すると何gの酸素が化合するか。
  5. 化学変化の前後で物質全体の質量が変化しないことを何というか。
  6. 化学変化の前後で質量が変化しないのは、化学変化の前後で、原子の何と何が変化しないからか。
  7. 温度が上がるような化学変化を何というか。
  8. 化学カイロでは、何と何が反応しているか。物質名を答えよ。
  9. 温度が下がるような化学変化を何というか。
  10. 塩化アンモニウムに水酸化カルシウムの反応で、温度はどうなるか。
  11. 7や9のとき、出入りする熱を何というか。

化学変化と質量・熱の一問一答の解答

  1. 4:1
  2. 1.0g
  3. 3:2
  4. 0.4g
  5. 質量保存の法則
  6. 種類、数
  7. 発熱反応
  8. 鉄、酸素
  9. 吸熱反応
  10. 下がる
  11. 反応熱

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました