【中学地理】覚えておきたい用語ランキング

シェアする

スポンサーリンク

【中学地理】覚えておきたい用語ランキングです。

地理の覚えておくべき用語

スポンサーリンク

世界地理

  • プランテーション…東南アジアやアフリカなどに多く見られる植民地時代に欧米諸国の資本で開かれた大農園
  • ナイル川…世界最長の川で、アフリカ大陸を北上し地中海に注ぎます。
    確認世界最長のナイル川と面積が最大のアマゾン川など入試で出る川・河川のまとめ
  • モノカルチャー…(単一の農産物や鉱山資源たよった経済)現在は、モノカルチャーから脱却を目指し、作物の種類、工業化をめざす努力がなされています。中国を筆頭に、アジア諸国との経済的結びつきを強めています。より適正な価格で取引を行うフェアトレードの取り組みが世界で広がっています。

確認アフリカ州の要点|中学地理

  • ECB(欧州中央銀行)…1998年に設立。1999年には欧州の単一通貨ユーロを導入。ユーロは2002年から現金通貨としても使われるようになった。
  • リスボン条約…2007年調印。EU大統領(欧州理事会常任議長)、EU外相(外務・安全保障政策上級代表)が置かれた。

確認ヨーロッパ州の要点|中学地理

  • ロッキー山脈…アメリカ合衆国の西部には高くて険しい南北に連なっている山脈
  • アンデス山脈…南アメリカ大陸西部を南北にはしる山脈
  • サンベルト…北緯37度以南での先端技術産業が発達。
  • シリコンバレー…サンフランシスコ近郊にある電子工業の中心地域。情報化社会にあわせ、アメリカでは先端技術産業が発達。多国籍企業…アメリカ合衆国の世界各国に工場や支社を置く企業が多い。
  • NAFTA(北アメリカ自由貿易協定)…アメリカ合衆国・カナダ・メキシコは経済分野での協力を進めている。

確認北アメリカ州の要点|中学地理

  • ASEAN…1967年8月8日にバンコクで発足した東南アジアの友好と経済発展、政治的安定を目的として設立された東南アジア初の地域協力機構。現在はタイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアの10カ国により構成されており、本部はインドネシアのジャカルタに置かれています。
  • APEC…1989年の創設以来、アジア太平洋地域の経済発展のため、貿易・投資の自由化、円滑化、そして技術協力を三本柱として活動してきた会議。
  • アジアNIES(新興工業経済地域)…工業が急速に発達した韓国・台湾・シンガポール・タイなど。

確認アジア州の要点|中学地理

日本地理

  • 酪農…根釧台地など行われている、乳牛を飼育し、生乳やバター・チーズなどの乳製品を生産する農業
  • 上川盆地…冬の寒さは厳しいが、夏の高温を利用して稲作がさかんな北海道のほぼ中央にある盆地。
  • 十勝平野…機械を用いた大規模な畑作が行われ、じゃがいも、てんさい、豆類などの生産がさかんな北海道南東部の平野
  • 根釧台地…第二次世界大戦後、パイロットファームの建設や新酪農村計画によって酪農地帯となった、北海道東部の大地
  • 石狩平野…排水と客土によって泥炭地の土地改良がおこなわれ、稲作地帯となった北海道西部に広がる平野

確認中学地理「北海道地方」

  • 津軽平野…日本最大のりんど生産地として知られる青森県西部の岩木川隆起に広がる平野
  • 山形盆地…果樹栽培がさかんで、なかでもさくらんぼ(おうとう)の全国最大の産地と知られる盆地
  • 八郎潟…大部分が干拓され、大型農業のモデル農村である大潟村が建設された秋田県北西部の湖

確認中学地理「東北地方」

  • 近郊農業…関東平野でさかんな、大都市向けに野菜や花など出荷する農業(千葉、茨城など)
  • 関東平野…関東地方には、日本で最も広い平野

確認中学地理「関東地方」

  • 施設園芸農業…東海地方で行われているビニールハウスなどを使って野菜や花をつくる農業
  • 越後平野…日本有数の稲作地帯となっている信濃川流域に広がる平野
  • 渥美半島…大都市向けの野菜や花の栽培がさかんな愛知県東部の半島。
  • 牧之原…静岡県南部の大井側下流の西側に広がる、茶の生産がさかんな大地
  • 甲府分地…周辺部の扇状地を中心にぶどうや桃の栽培がさかんな、山梨県の中央部にある盆地

確認中学地理「中部地方」

  • パネルベイ…大阪湾沿岸で液晶パネル・太陽電池などを生産する新しい工場がつくられた地域。

確認中学地理「近畿地方」

  • 促成栽培…高知平野で行われている、ビニールハウスなどを利用して野菜を早い時期につくって出荷する栽培方法
  • 段々畑…愛媛県のミカン畑のような、山の斜面を切り開いて階段状につくった畑
  • 讃岐平野…雨が少なく、大きな川もないため、古くからかんがい用のため池がつくられてきた香川県北部の平野

確認中学地理「中国・四国地方」

  • い草…熊本平野や羽代平野で、水田の裏作としてさかんに栽培されている、畳表の原料となる農作物
  • さとうきび…沖縄県や鹿児島県の奄美諸島で採算されている、砂糖の原料となる農作物
  • シリコンアイランド…IC工場が多くつくられた九州地方は、ICの原料から起因する地域の名称
  • 屋久島…すぎの原生林などの貴重な自然が残り、島全体が世界遺産に登録されている鹿児島県の島。

確認九州地方の要点|中学社会

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る