高校入試面接対策「中学校時代の一番の思い出」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試面接対策「中学校時代の一番の思い出」についてまとめています。中学校時代の一番の思い出についても聞かれることも多いです。「中学校時代の一番の思い出=中学校時代の一番頑張ったこと」ととらえても構いません。思い出がない人は、頑張ったことを思い出として述べてみましょう。

中学校時代の一番の思い出

ここでも、恥ずかしがる人もいるようですが、そんなことは、言っていられません。思い出をしっかり述べましょう。

<思い出の例>
合唱部のメンバーとしてのボランティア活動の一環で、特別養護老人ホームに慰問に出かけたことです。唱歌に加え、ゆずや、いきものがかりの曲も歌いました。意外にも最近の曲をとても気に入っていただけたようでした。高齢者の皆さんと音楽の趣味を共有できたことが大きな発見になりました。歌のすばらしさを改めて感じることができたのは、一番の思い出です。

この例では、しっかりとした思い出を具体的に述べられていますね。思い出を語っていますが、自己アピールにもなっていますね。合唱部であること、ボランティア活動をしたこと、歌が好きであることなど。また、志望理由で、高齢者に寄り添う看護師になりたいというメッセージを述べていれば、ここでも、高齢者というキーワードがあり、より説得力があるものとなっています。このように、「志望理由」「自己アピール」「高校で頑張りたいこと」なども踏まえて、一貫性のある内容であれば、すごく説得力があるものとなります。

スポンサーリンク

何を得たかも述べる

一歩先をいくものということで、その思い出から「何を得たか」「どう成長したのか」「今後どう生かしたいか」なども踏まえることができるとよりいいものとなるでしょう。

たとえば、一番の思い出が合唱コンクールでの優勝として、それを述べるだけでなく、その合唱コンクールの優勝と通じて、努力することや仲間と頑張る大切を学んだなど踏まえるということです。高校でも、仲間を大切にして、大きな目標を達成したいなどと述べるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る