【中学歴史】江戸時代の政治に関する演習問題

スポンサーリンク

江戸時代の政治に関する演習問題

問1 寛政の改革とほぼ同じ頃のできごととして最も適当なものを次のア~エから1つ選びなさい。

ア ロシアではレーニンの指導のもと、社会主義を唱える世界最初の政府ができた。
イ フランスでは政治に対する不満が広がって革命がおこり、人権宣言が発表された。
ウ スペインの援助を受けたコロンブスが、大西洋を横断して西インド諸島に到着した。
エ ドイツではルターたちが、信仰のあり方をただす宗教改革を進めた。   (   )

問2 18世紀から19世紀にかけての政治の流れを表した次の図を見て、各問いに答えなさい。
江戸時代の政治流れ
①Aの改革を行った人物は誰か。

②Bの時代において、商工業者に対して積極的に結成が奨励された組織は何か。

③Cの改革で行われた政策について述べたものを、次のア~エから1つ選びなさい。
ア 江戸や大坂周辺の大名・旗本領の農村を幕府の領地にしようとして、大名・旗本の反対にあった。
イ 長崎をとおして、銅や海産物をさかんに輸出し、金・銀を輸入した。
ウ 農村に倉を設けて米をたくわえさせた。
エ 参勤交代をゆるめて、そのかわりに幕府に米を献上させた。    (   )

問3 松平定信が寛政の改革を行ったころ、「古事記」の研究をして「古事記伝」をあらわし、国学を大成した人物は誰か。   

問4 享保の改革の後、商人の力を利用して幕府の財政を立て直す政策を行い、銅や海産物の輸出の奨励や、長崎貿易の拡大を行った老中は誰か。

江戸時代の政治に関する演習問題の解答

問1 イ  

松平定信は奥州白河の藩主で、天明のききんのときに、素早い対策を取り、すばやく商人から米や食料を買いあげて、農民に食料を配布する政策を打った。また、飢饉でも生活が困窮しないよう、日頃から米を蓄えさせる囲い米の制度を実施。この制度からわかるように倹約・質素が寛政の改革の特徴。

問2
①徳川吉宗

徳川吉宗は、享保の改革を推進。目安箱、上米の制、公事方御定書の制定などがある。

②株仲間

江戸時代になり都市が繁栄してくると、商工業者は幕府の許可を得て株仲間をつくる。幕府、株仲間に営業の独占(組合をつくり価格などを牛耳るや流通の独占など)を認めるかわりに、税を納めさせました。

③ウ  

アは水野忠邦、イは田沼意次、エは徳川吉宗。

問3 本居宣長

国学を代表する人物で古事記を研究した「古事記伝」を執筆

問4 田沼意次
田沼意次(たぬまおきつぐ)は株仲間を奨励しましたが,水野忠邦(みずのただくに)は「天保(てんぽう)の改革」で株仲間の解散を命じました。

確認【中学歴史】江戸時代の政治改革

中学社会をポイントで学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学歴史
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

タイトルとURLをコピーしました