中学地理【問題演習】アフリカ州

シェアする

スポンサーリンク

中学地理。アフリカ州の確認問題です。

基本用語の確認「アフリカ州」

(1)( ① )に流れ込む世界最長の河川を( ② )川という。毎年、夏から秋にかけて氾濫し、栄養豊富な土を下流に運んでいる。

(2)アフリカには砂漠地帯が広がる。中でも世界最大の砂漠を( ① )砂漠といい、アフリカ北部に広がっている。この周辺にすむ人々は、動物の( ② )に乗って行き来している。

(3)赤道に近い熱帯付近の東部には、低い木がまばらに生える草原が広がる。この草原を( ① )という。この草原周辺の気候は( ② )気候であり、雨季と乾季がある。

(4)アフリカの中央に広がる( ① )盆地やギニア湾岸は、一年中降水量が多く、( ② )が広がっている。

(5)地中海沿岸やアフリカ大陸南端の気候帯は( ① )であり、小麦やブドウが栽培されている。

(6)熱帯地域では( ① )類やバナナ、東部・西部・南部ではひえ・もろこし・とうもろこし、北部や大陸南端は( ② )が主食となっている。

(7)アフリカ北部では、主に( ① )語が話されており、( ② )教の信者が多い。

(8)アフリカでは、民族ごとにさまざまな言語を使用しているため、ヨーロッパの( ① )時代の言語を共通の言語としている場合が多い。そのため、( ② )教の信者も多い。

(9)19世紀半ばごろまで、おもに労働力としてアフリカから南北アメリカに連れていかれた人々を( ① )という。

(10)( ① )共和国で長年にわたって行われていた人種隔離政策のことを( ② )という。

(11)セネガルやギニアはかつて( ① )の植民地だったこともあり、その国の文化の影響が多く見られる。

(12)アフリカの54の国と地域が加盟している、アフリカ諸国や国民間の団結などを目的に結成された国際機関を( ① )という。略称は( ② )である。

(13)輸出を目的とした作物を大量に生産するための大規模農園を( ① )といい、コートジボワールとガーナでは( ② )の栽培が盛んで、ケニアでは( ③ )の栽培、タンザニアでは( ④ )の栽培が盛んである。

(14)アフリカは、原油や天然ガス、金、ダイヤモンドなどの( ① )に恵まれている。また、近年ではスマートフォンの液晶などにも使用される金属の採掘も進んでいる。このような金属を( ② )という。

(15)特定の農産物や鉱産資源の輸出にたよった経済を( ① )経済と呼ぶ。

(16)より適正な価格で取り引きを行うことで、工業化の進んでいない国々の生活と自立を支えるしくみを( ① )という。

スポンサーリンク

基本用語の確認「アフリカ州」解答

(1)(①地中海 )に流れ込む世界最長の河川を(②ナイル )川という。毎年、夏から秋にかけて氾濫し、栄養豊富な土を下流に運んでいる。

(2)アフリカには砂漠地帯が広がる。中でも世界最大の砂漠を(①サハラ )砂漠といい、アフリカ北部に広がっている。この周辺にすむ人々は、動物の(②ラクダ )に乗って行き来している。

(3)赤道に近い熱帯付近の東部には、低い木がまばらに生える草原が広がる。この草原を(①サバナ )という。この草原周辺の気候は(②サバナ )気候であり、雨季と乾季がある。

(4)アフリカの中央に広がる(①コンゴ )盆地やギニア湾岸は、一年中降水量が多く、(②熱帯林 )が広がっている。

(5)地中海沿岸やアフリカ大陸南端の気候帯は(①温帯 )であり、小麦やブドウが栽培されている。

(6)熱帯地域では(①イモ )類やバナナ、東部・西部・南部ではひえ・もろこし・とうもろこし、北部や大陸南端は(②小麦 )が主食となっている。

(7)アフリカ北部では、主に(①アラビア )語が話されており、(②イスラム )教の信者が多い。

(8)アフリカでは、民族ごとにさまざまな言語を使用しているため、ヨーロッパの(①植民地 )時代の言語を共通の言語としている場合が多い。そのため、(②キリスト )教の信者も多い。

(9)19世紀半ばごろまで、おもに労働力としてアフリカから南北アメリカに連れていかれた人々を(①奴隷 )という。

(10)(①南アフリカ )共和国で長年にわたって行われていた人種隔離政策のことを(②アパルトヘイト )という。

(11)セネガルやギニアはかつて(①フランス )の植民地だったこともあり、その国の文化の影響が多く見られる。

(12)アフリカの54の国と地域が加盟している、アフリカ諸国や国民間の団結などを目的に結成された国際機関を(①アフリカ連合 )という。略称は(②AU )である。

(13)輸出を目的とした作物を大量に生産するための大規模農園を(①プランテーション )といい、コートジボワールとガーナでは(②カカオ豆 )の栽培が盛んで、ケニアでは(③ )の栽培、タンザニアでは(④コーヒー )の栽培が盛んである。

(14)アフリカは、原油や天然ガス、金、ダイヤモンドなどの(①鉱産資源 )に恵まれている。また、近年ではスマートフォンの液晶などにも使用される金属の採掘も進んでいる。このような金属を(②レアメタル )という。

(15)特定の農産物や鉱産資源の輸出にたよった経済を(①モノカルチャー )経済と呼ぶ。

(16)より適正な価格で取り引きを行うことで、工業化の進んでいない国々の生活と自立を支えるしくみを(①フェアトレード )という。

記述問題「アフリカ州」

(1)アフリカ大陸の赤道付近には広大なサバナが広がる。サバナとはどのような場所か。簡潔に答えよ。

(2)アフリカでは国境付近での民族間の争いが絶えない。この理由を「植民地」、「民族」という語を使って、簡潔に説明せよ。

(3)プランテーションとはどのような農園のことか。「特定」の語を用いて簡潔に答えよ。

(4)アフリカ諸国が貧困から抜け出すための具体的な取り組みを簡潔に答えよ。

記述問題「アフリカ州」解答

(1)アフリカ大陸の赤道付近には広大なサバナが広がる。サバナとはどのような場所か。簡潔に答えよ。

低い木がまばらに生える草原。

(2)アフリカでは国境付近での民族間の争いが絶えない。この理由を「植民地」、「民族」という語を使って、簡潔に説明せよ。

民族のまとまりを無視して引かれた植民地時代の境界線を、独立後も国境として使っているため。

(3)プランテーションとはどのような農園のことか。「特定」の語を用いて簡潔に答えよ。

特定の農産物を生産する大規模な農園のこと。

(4)アフリカ諸国が貧困から抜け出すための具体的な取り組みを簡潔に答えよ。

モノカルチャー経済から脱却し、農作物の種類を増やしたり、工業化を進めたり、観光業にも力を入れている。

図表の問題「アフリカ州」

アフリカの地形

図表の問題「アフリカ州」解答

A:大西洋  B:インド洋  C:地中海  D:ギニア湾  E:ナイル川

F:アトラス山脈  G:コンゴ盆地  H:エチオピア高原  I:キリマンジャロ山

J:サハラ砂漠  K:ナミブ砂漠  L:マダガスカル島

M:スエズ運河  N:赤道

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る