高校入試小論文・作文「時間配分について」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試小論文・作文「時間配分について」まとめています。実際の試験で最も大事なのは、小論文・作文に関わらず時間配分です。他の教科も同様ですが、これに失敗すると、半分も書かないうちに時間切れになることもあります。余裕をもって、書き終えられるようにしましょう。それでは、高校入試小論文・作文「時間配分について」です。

時間配分について

  1. 開始と同時に時間配分をメモする
  2. 課題文の読み取りには十分な時間配分を
  3. 長めの小論文を書くときには、下書きはしない
  4. 大きな直しはしない
スポンサーリンク

開始と同時に時間配分をメモする

試験前に、あらかじめ自分が原稿用紙を埋めるのにどのくらい時間かかかるかをつかんでおいて、それを中心に全体の時間配分を把握することが大事です。問題を見たら最初に時間配分を考え、すぐメモ用紙にそれを書くクセをつけていきましょう。具体的には、課題文を読むのに何分か、構成に何分か、意見をまとめるのに何分にするのか、清書(実際に記述する)のに何分割り当てるのかを考えます。

課題文の読み取りには十分な時間配分を

課題文や資料が出た場合、それらの読み取りにあてる時間も前もって決めておきます。これは大事です。しっかり読みこんでおこないと問題文とズレた文章になってしまいます。また、難しい文章が出題されたときなど、読解に時間をかけすぎて書く時間がなくなることがあるので中位です。最悪の場合、読み取りの時間が終わったら、読解が不十分でも、これと決めた内容で書くほうが賢明です。たとえ的外れな内容でも、白紙よりは得点のチャンスは広がります。

長めの小論文を書くときには、下書きはしない

短めの小論文の場合には、下書きをして字数調整をして、文が正しいか、誤字脱字がないかを確かめる必要があります。しかし、長めの小論文の場合、下書きは、時間に余裕のあるとき以外する必要はありません。しっかり書ききることが大事です。下書きをしていたのでは、時間切れになってしまうことが多いです。構成をしたら、なるべく下書きをしないで書く練習をしておきましょう。

大きな直しはしない

書き直しは、誤字や脱字や文法的におかしい部分を改めるだけにとどます。時間まぎわになってあわてて、大幅に書き直してもよいことはありません。内容には目をつぶって、明らかな誤りだけを改めるようにしましょう。

論文・作文の対策

以上が、高校入試小論文・作文「時間配分について」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク