【中学歴史】絶対王政と市民革命の定期テスト対策問題

スポンサーリンク

【練習問題】絶対王政と市民革命

次の文章を読んで、後の各問いに答えよ。

17世紀末、( ① )では「国民の意思に反し議会を無視する国王」を倒して、立憲君主制の政治を実現しました。このため国民によって、1642年と1688年に2度の革命が行われたといいます。( ② )はイギリスからの独立を宣言し、独立戦争が始まりました。これに影響を受けて、( ③ )でもルイ16世の強い権力に対して国民の革命が起こりました

(1)文章中の( ① )~( ③ )にあてはまる国名を答えよ。

(2)下線部アのような、権力の強い国王の政治を何というか。

(3)下線部イの2度の革命を、それぞれ答えよ。

(4)下線部ウについて、次の①、②の問いに答えよ。
①この戦争のアメリカ側の総司令官で、初代大統領となった人物は誰か。
②独立時のアメリカはいくつの州から成り立っていたか。

(5)下線部エについて、次の①、②の問いに答えよ。
①この革命で出された宣言を何というか。
②この革命後、1804年に国民投票で皇帝となった人物は誰か。

【解答】絶対王政と市民革命

(1)①イギリス ②アメリカ ③フランス

(2)絶対王政

(3)清教徒革命(ピューリタン革命)、名誉革命

(4)①ワシントン ②13

(5)①独立宣言 ②ナポレオン

中学社会を学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学歴史
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました