【中学歴史】鎌倉時代の人々の暮らし

スポンサーリンク

鎌倉時代の人々の暮らし

まず、武士の暮らしですが、「弓馬の家」と呼ばれたように、屋敷内に馬を飼い、日々武芸の鍛錬に励みます。屋敷の周辺には田畑を所有し、戦がないときは自ら農業も行いました。有力な武士の中には、地頭として荘園を管理し、そこから一定の収入を得るものを現れます。また、武士は一族の団結が強く、その中心者を惣領(そうりょう)といいます。

次に農民ですが、この時期の農民には非常に重い税が課されます。荘園領主と地頭の両方から年貢や労役を課せられ、二重の負担に苦しみました。しかし、その一方で農業技術が進歩し、生産力が向上します。

鎌倉時代の農業の発達

農民は収穫を増やす工夫をします。鉄製のすき・くわが行きわたり、牛や馬にすきを引かせて深く耕すことができるようになった(牛馬耕)。草・木の灰(草木灰)や草を地中にうめたもの (刈敷)を肥料にすることもおこなわれるようになります。

深く耕したり肥料を使ったりすると土地が肥えるので、耕地を休ませる必要がなくなります。そのため、近畿・中国地方など西日本の各地では、 稲をかり取ったあとに裏作として麦をつくる二毛作が広まりました。水田の裏作の麦には、税がかかりませんでした。

また、桑や漆(うるし)、茶など、商品として売る商品作物の栽培も始まります。

鎌倉時代の商業の発達

鎌倉時代になると定期市が、交通の要衝や寺社の前で行われるようになります。ここでは日宋貿易で輸入された宋銭が使われます。また、年貢の輸送にあたる(問丸)馬借の活動も盛んになります。

商工業者は、と呼ばれる同業者組合をつくって営業を独占するようにもなります。

確認【中学歴史】鎌倉時代のまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました