大日本帝国憲法と日本国憲法の比較相違ポイント・確認問題

シェアする

大日本帝国憲法と日本国憲法の比較と違いです。歴史と出題されることも多く、出題者にとっても、問題が作りやすいので、さまざま視点にたって学ぶ必要があります。

大日本帝国憲法と日本国憲法

比較 大日本帝国憲法 日本国憲法
主権 天皇主権 国民主権
天皇 神聖不可侵で統治権を持つ元首 日本国、日本国民統合の象徴
人権 臣民の権利 基本的人権の尊重
軍隊 国民に兵役の義務 平和主義(戦争放棄)
スポンサーリンク

臣民の権利

臣民とは、天皇に従う者という意味。臣民の権利は、法律の範囲内という制限がありました。

日本国憲法の制定

第二次世界大戦後に制定される。日本がポツダム宣言を受け入れて降伏し、GHQ(連合国最高司令官総司令部)の原案のもとに憲法改正草案を作成。帝国議会で審議可決された。成立は、1946年11月3日に公布。1947年5月3日に施行。基本的原理は、国民主権・平和主義・基本的人権の尊重。

  • 公布…1946年11月3日
  • 施行…1947年5月3日
  • 3つの基本原理…国民主権、平和主義、基本的人権の尊重

憲法の確認問題

  1. 天皇地位は、大日本帝国憲法と日本国憲法とを比べどのように変わったか。
  2. 大日本帝国憲法にはあって、日本国憲法にない義務は何か。
  3. 日本国憲法の3つの基本原理をすべて書け。
  4. 日本国憲法が公布された、生年月日を書け。
  5. 日本国憲法が施行された、生年月日を書け。

解答

  1. 主権者から象徴へと変わった
  2. 兵役
  3. 国民主権、平和主義、基本的人権の尊重
  4. 1946年11月3日
  5. 1947年5月3日
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る