【中学公民】確実に覚えておきたい数字まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】確実に覚えてきたい数字まとめです。

公民の数字を覚えておく

  • 1925年 普通選挙法成立 25歳以上の男子全員に選挙権が与えられた。
  • 1945年 20歳以上の男女による普通選挙の実現 20歳以上の男女全員に選挙権が与えられた。
  • 2015年には、満18歳以上の男女に選挙権が与えられる。

確認中学公民「選挙権の変遷(拡大の歴史)」

  • 安全保障理事会は、非常任理事国は10か国。総会で選出され任期は2年

確認中学公民「安全保障理事会」

  • 最高裁判所の裁判官は、任命の後初めて行われる。衆議院議員総選挙の際、国民審査を受け、その後10年ごとに同様の審査を受け、国民が不適当だと判断した裁判官は、やめさせられる。

確認中学公民「裁判官の任命」

  • 内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

確認中学公民「内閣総辞職」

  • 内閣不信任…衆議院で内閣不信任を可決、信任を否決したとき、内閣は10日以内に総辞職するか、衆議院を解散する
    →(衆議院が解散されたとき)40日以内に総選挙
    →(総選挙の日から)30日以内に特別会<特別国会>を開いて総辞職し、新しい内閣総理大臣を指名。

確認中学公民「議院内閣制」

  • 国会の議決方法…多数決の原則点ふつうは、出席議員の「過半数」の賛成で成立。 憲法
  • 改正の発議は、総議員の3分の2以上の賛成が必要。
  • 本会議…総議員の3分の1以上の出席(定足数)で開かれる。

確認学公民「国会の審議と採決」

国会の種類 召集 おもな議題
通常国会(常会) 毎年1回1月中に召集される会期は 150日間 次の年度の予算を決める。
臨時国会(臨時会) 内閣が必要と認めたときや、どちらかの議院の総議員の4分の1以上の要求があったときに召集される。 臨時の議題について話し合い、議決を行う。
特別国会(特別会) 衆議院が解散した後の総選挙後、30日以内に召集される。 内間総理大臣の指名の議決を行う。
緊急集会 衆議院の解散中、国会の議決が必要な緊急の場合、参議院だけが召集される。 緊急の議題について話し合い議決を行う。
スポンサーリンク

衆議院と参議院

比較 衆議院 参議院
議員数 475人 242人
任期 4年 6年
解散 ある ない
改選 ない 3年ごとに半数
選挙権 満18歳以上 満18歳以上
被選挙権 満25歳以上 満30歳以上
選挙区 小選挙区295人 選挙区146人
比例代表180人 比例代表96人

直接請求権

請求の種類 必要な署名 請求先
条例の制定または改廃の請求 有権者の50分の1以上 首長
監査請求 監査委員
議会の解散請求 有権者の3分の1以上 選挙管理委員会
解職請求(リコール) 議員・首長
副知事・副市(区)町村長、各委員など 首長
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る