【中学国語古文】歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにするルールまとめ

スポンサーリンク

古典の基礎である仮名遣いについてまとめています。古典は、多くの人に語り継がれ、読み継がれてきました。そこには、時代の中で件名に生きる人々の姿、各時代に生きる人々のものの見方や感じ方、豊かな想像力などを見ることができます。

スポンサーリンク

歴史的仮名遣い

現代文に使われている仮名遣いを現代仮名遣いといい、古文に使われている仮名遣いを歴史的仮名遣いといいます。古文を読み解くには、仮名遣いの練習が必要になります。ここをいい加減にすると古文読解は上達しません。

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにするルール

古文の歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにするときに、いくつかのルールがあります。

<ルール1>ハ行
単語の最初にないハ行の文字は「わ・い・う・え・お」にする!

  • あはれ→あわれ
  • おもひ→おもい
  • 笑ふ→笑う
  • かへす→かえす
  • かほ→かお

語尾に来る助詞「は」は、もちろんそのままです。「こんにちは」を「こんにちわ」にしないようにしましょう。

<ルール2>ワ行
ワ行の「ゐ・ゑ・を」はア行の「い・え・お」にする!

  • 用ゐる→用いる
  • をとこ→おとこ
  • こずゑ→こずえ

語尾に来る助詞「を」は、もちろんそのままです。「古文を読む」を「古文お読む」にしないようにしましょう。

<ルール3>ダ行
「ぢ・づ」はザ行の「じ・ず」にする!

  • はぢ→はじ
  • よろづ→よろず

<ルール4>マ行
「む」は「ん」にする!

  • やむごとなし→やんごとなし

<ルール5>カ行
「くゎ・ぐゎ」は「か・が」にする!

  • くゎんげん→かんげん
  • ぐゎいじん→がいじん

<ルール6>ア段音+「う・ふ」
ア段音+「う」または「ふ」はア段音が同じ行のオ段音にする!

  • やうやう→ようよう
  • かうし→こうし

<ルール7>イ段音+「う・ふ」
イ段音+「う」または「ふ」は「う・ふ」を「ゅう」にする!

  • りうぐう→りゅうぐう
  • しんにふ→しんにゅう

<ルール8>エ段音+「う・ふ」
エ段音+「う」または「ふ」はエ段音をイ段音に変えて「う・ふ」を「ょう」にする!

  • てふてふ→ちょうちょう
  • てうし→ちょうし

ただし、「えう」は「よう」になることが例外としてあります。

古典の意味に注意する

  • 現代語と同じ形でも、主な意味が現代では変わってしまった言葉
    (例)うつくし…現代語の「美しい」は、主に「きれいだ」という意味を表しますが、古典語では「(小さくて)かわいらしい」様子を表すことが多いです。
  • 現代では使われなくなった言葉 (例)あまた…「たくさん」という意味

基礎レベルから入試レベルの問題に挑戦しよう!
練習問題 【中学国語古文問題】現代仮名遣いに直す練習問題

中学国語
スポンサーリンク
シェアする
この記事を書いた人
君島琴美

Examee編集長。このサイトでは、理科以外の教科を担当。基礎学習サイトPikuuのライターも務める。普段の学習塾では、数学、面接、総合型選抜対策の講座を受け持つ。エグゼクティブ講師として、数々の難関高校、難関大学への合格者を輩出している。

君島琴美をフォローする
国語記事一覧

中学生の国語の学習すべき履修内容のポイント及び対策問題一覧です。定期テストや高校入試対策としてご利用ください。無料で記事は読むことができます。

コメント

テキストのコピーはできません。