【中学国語】枕草子のわかりやすい要点

中学国語の「枕草子(古典)」について学びます。「枕草子」は、平安時代の随筆で、作者は清少納言です。清少納言が宮仕えしていたころの見聞や、季節の感想、人生観などを折に触れて書き記したものです。入試やテストでは、歴史的仮名遣いについてはもちろん、古文の言葉の意味、清少納言の四季に対するものの見方や感じ方が出題されることが多いです。

スポンサーリンク

枕草子のあらすじ

枕草子(第一段)の四季(春・夏・秋・冬)についての清少納言の感じ方や話の流れをみていきましょう。「春はあけぼの」「夏は夜」「秋は夕暮れ」「冬はつとめて」のあとに続く、「~(が)をかし。」を省略して余韻を持たせているのがポイントです。また、「つきづきし」「わろし」など清少納言の感性を表す表現も数多くあり、読み手を楽しませてくれます。

春はあけぼの

<原文>春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

春は、明け方の山ぎわが明るくなっていく様子や紫がかった雲が補足たなびいている様子に風情がある。

夏は夜

<原文>夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。

夏は夜。月のことはもちろん、闇の中に蛍が飛び交う様子や雨が降るのもいい。

秋は夕暮れ

<原文>秋は夕暮れ。夕日のさして、山の端いと近くなりたるに、烏(からす)の、寝所(ねどころ)へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへ、あはれなり。まいて、雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はた、言ふべきにあらず。

秋は夕暮れ。夕日が差すころに飛び急ぐ烏(からす)や、雁(かり)の列、日が沈んでからの風の音、虫の音がまたすばらしい。

冬はつとめて

<原文>冬は早朝(つとめて)。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひおけ)の火も、白き灰がちになりて、わろし。

冬は早朝。雪が降るのはもちろん、霜の白さも、寒い中、炭を持って歩くのも似つかわしく、風情がある。昼になり、火桶の火が灰ばかりになるのはよくない。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました