【中学英文法】命令文

シェアする

スポンサーリンク
ここが狙われる!➊Don’tのかわりにNeverを文の最初に置いて、「Never+動詞の原形~.」で「決して~してはいけない。」という意味になる。
命令文の書き換え(以下参照)
誘う文の答え方(以下参照)

命令文の要点

命令文は、「~しなさい」という訳となり、主語(you)を省略して、動詞の原形で始めます。be動詞の場合は。Be~.となります。否定文の命令文は、「~してはいけない/~するな」と禁止を表し、命令文の前にDon’tを置きます。

●基本例文

  • Read this book.(この本を読みなさい。)
  • Don’t read this book.(この本を読んでいけません。)
スポンサーリンク

ていねいな命令文

「~してください」と丁寧に頼むときは、pleaseを文頭か、文末に置きます。文末におくときは、ふつうその前にコンマを入れます。

●基本例文

  • Please come here.(ここに来てください。)
  • Come here, please.(ここに来てください。)

命令文の書き換え

(命令文)Study math.=(助動詞のmust)You must study math.
(命令文の否定)Don’t play the piano.=(must not)You must not play the piano.

誘う文

Let’t go to the museum.のように、Let’t + 動詞の原形で、「~しましょう。」と相手を誘う文となる。

答え方●応じるとき
➊Yes,let’s.
➋That’s a good idea.
➌O.k / All right.
➍Sure./ Of course.

●断るとき
➊No,let’s not.
➋I’m sorry ,but ~(理由)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る