【中学公民】民事裁判と刑事裁判

スポンサーリンク

民事裁判と刑事裁判

比較民事裁判刑事裁判
種類私人の間の争い犯罪行為の有罪・無罪の決定
その他原告…訴えた人検察官…被疑者を起訴
被告…訴えられた人被疑者…罪の疑いのある人
被告人…起訴された被疑者

補足

いずれの裁判にも、人権保障があり、逮捕・捜索には裁判官が出す令状が必要であり、逮捕された後も、黙秘権、弁護人の依頼が認められています。また、推定無罪の原則で、裁判は公開されます。

  • 裁判所…三権のうち司法権を担当する
  • 三審制…同じ事件について3回まで裁判を受けられる制度
  • 違憲審査制…国会が制定した法律が憲法に違反していないかどうかを、裁判所が審査すること
  • 最高裁判所…憲法の番人とよばれる
  • 弾劾裁判所…裁判官をやめさせるかどうかについての裁判をする裁判所。国会が設置する。
中学社会を学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学公民
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました