【中学漢字】頻出の二字熟語まとめ

スポンサーリンク

二字熟語

二字熟語には、意味が似ているもの、反対の意味になるもの、主語と述語の関係、下の漢字が上の漢字の目的や対象を示したり、上の漢字が下の漢字を修飾するものなどがあります。

二字熟語の種類

  • 意味が似ている漢字の組合せ
  • 意味が対になる漢字の組合せ
  • 主語と述語の関係
  • 上が動詞で下が目的語の関係
  • 上の漢字が下の漢字を修飾する
  • 上が下を否定する
  • 同じ字を重ねる
  • 接頭語・接尾語がつく
  • 字とは別の意味
  • 長い熟語の省略

意味が似ている漢字の組み合わせ

例えば「通行」という熟語は、「通う=行く」と意味がほぼ同じです。

  • 思考(思う+考える)
  • 救助(救う+助ける)
  • 減少(減る+少ない)
  • 増加(増える+加える)
  • 停止(停まる+止まる)
  • 絵画(絵+画)
  • 河川(河+川)

意味が対になる漢字の組み合わせ

例えば「売買」という熟語は、「売る↔買う」と意味が反対です。

  • 強弱(強い+弱い)
  • 寒暖(寒い+暖かい)
  • 苦楽(苦しい+楽しい)
  • 高低(高い+低い)
  • 損得(損する+得する)
  • 左右(左+右)
  • 縦横(縦+横)
  • 男女(男+女)

主語と述語の関係

例えば「日没」という熟語は、「日が没する」と、主語・述語の関係になっています。

  • 国営(国が営む)
  • 骨折(骨が折れる)
  • 人造(人が造る)
  • 日照(日が照る)
  • 雷鳴(雷が鳴る)
  • 円高(円が高い)
  • 頭痛(頭が痛い)

上が動詞で下が目的語の関係

例えば「読書」という熟語は、「書を読む」と、上が動詞で下が目的語になっています。

  • 帰国(国に帰る)
  • 着席(席に着く)
  • 登山(山に登る)
  • 読書(書を読む)
  • 挙手(手を挙げる)
  • 作文(文を作る)
  • 納税(税を納める)

上の漢字が下の漢字を修飾する

例えば「偉人」という熟語は、「偉い人」と上の漢字が下の漢字を修飾しています。

  • 暗示(暗に示す)
  • 仮定(仮に定める)
  • 再会(再び会う)
  • 最高(最も高い)
  • 新年(新しい年)
  • 温泉(温かい泉)
  • 黒板(黒い板)
  • 海底(海の底)
  • 光線(光の線)

上が下を否定する

例えば「不正」という熟語は、「正しい」を「不」で否定しています。

  • 不正(正しくない)
  • 未開(開かれてない)
  • 無礼(礼がない)
  • 非凡(凡人ではない)
  • 否定(定まってない)
  • 未知(知られてない)
  • 不明(明らかでない)

同じ字を重ねる

例えば「山々」という熟語は、「山+山」と、同じ字を重ねています。

  • 山々(やまやま)
  • 堂々(どうどう)
  • 広々(ひろびろ)
  • 黙々(もくもく)
  • 続々(ぞくぞく)
  • 高々(たかだか)
  • 種々(しゅしゅ)

接頭語・接尾語がつく

例えば「諸島」という熟語は、「島」に接頭語の「諸」がついた熟語です。

  • 諸島(接頭語「諸」+島)
  • 第一(接頭語「第」+一)
  • 貴社(接頭語「貴」+社)
  • 自然(自+接尾語「然」)
  • 適性(適+接尾語「性」)

字とは別の意味

例えば「赤字」という熟語は、「損失」とい意味を表し漢字とは別の意味を表します。

  • 赤字(損失)
  • 光陰(月日)
  • 星霜(年月)
  • 矛盾(つじつまが合わないこと)
  • 白眉(最も優れていること)

長い熟語の省略

例えば「特急」という熟語は、「特別急行」という四字熟語を省略したものです。

  • 特急(特別急行)
  • 入試(入学試験)
  • 高校(高等学校)
  • 中学(中等学校)
  • 農協(農業協同組合)
  • 国連(国際連合)

関連➊【中学漢字】頻出の三字熟語まとめ
関連➋中学漢字】頻出の四字熟語まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました