染色体やDNAに関する問題!点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

核の中にあるひも状の染色体には、生物の情報が詰まっています。この染色体と、染色体をつくっているDNAについて演習します。

染色体やDNAに関する問題

問題下の図1は、細胞分裂のようすを観察したものである。図2は、細胞分裂中の細胞の中に見えるひも状のものを拡大した模式図である。これについて、次の各問いに答えなさい。

DNA

(1)図1の細胞の中に見えるひも状のAを何というか。名称を答えなさい。

(2)図1のひも状のAについて正しいものを、次のア〜エの中から一つ選び、記号で答えなさい。
ア 常に細胞の中に観察できる。
イ 細胞分裂のある時期だけに観察できる。
ウ 細胞によってその量が異なる。
エ 単細胞生物の細胞には存在しない。

(3)図2は、ひも状のAを拡大した模式図である。このひも状のAをつくってるBを何というか。略称を答えなさい。

(4)図2のBの正式名称を答えなさい。

(5)図2のBには、生物の形質を現すもととなる情報が記録されている。これを何というか。

スポンサーリンク

染色体やDNAに関する問題 解答・解説

(1)染色体

細胞の核の中にあるひも状のものを染色体といいます。染色体の数は生物によって決まっており、ヒトの場合、染色体は体細胞で46本、生殖細胞では23本になります。

(2)

核の中にある染色体は、細胞分裂の時期にだけ確認することができます。細胞分裂していない細胞では、核の表面を覆う核膜に包まれ見えません。

(3)DNA

染色体は、DNA(デオキシリボ核酸)によってつくられています。DNAは二重らせん構造をとっており、それが集まって一つの染色体がつくられています。

(4)デオキシリボ核酸

このDNAに生物の基本情報が収められています。

(5)遺伝子

DNAに書かれた情報が、生物のからだをつくる設計図になっています。この設計図を遺伝子といい、遺伝子の違いによって地球上には、さまざまな生物が存在するのです。

染色体やDNAが分からなかった場合

染色体やDNAについての理解が浅いと感じた方は、もう一度基本内容を復習し、ポイントをしっかりと押されるようにしましょう。染色体・遺伝子・DNAの違いを、誰かに説明できるようになれれば大丈夫でしょう。

基本の復習
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る