【中学歴史】武士の台頭と院政のまとめ・一問一答

シェアする

中学歴史の武士の台頭と院政について学習します。平安時代末期になると戦が頻発し、武士たちが力を持つようになります。一方の貴族は、藤原氏の摂関政治に陰りが見え始め、天皇、特に上皇が院政を開始した時期になります。

武士のおこり

平安時代の後期、9世紀になると、地方の豪族と中央の武官との交流の中から武士が登場します。力を持った豪族や有力農民たちは、自分の土地を自分で守り、さらに勢力を拡大するために武装するようになります。

武士は一族を中心にまとまり、大豪族や国司などと主従関係を結んで武士団を形成するようになります。中でも、特に勢力が大きかった武士団が、天皇の子孫の貴族を頭とする、次の2つの武士団です。

  • 源氏…清和天皇の子孫から起こった。
  • 平氏…桓武天皇の子孫から起こった。

武士は、自らの領地を中央の寺社や貴族へ荘園として寄進し、自らは荘官として勢力を伸ばします。武士は、普段は領地に住み、馬や弓矢の武芸で心身をきたえ、その中から「もののふの道」と呼ばれる武士の心構えも育っていきました。その一方で、家来や農民を使って、自らも農業を営むという村の領主の一面もありました。

スポンサーリンク

承平・天慶の乱

武士団が力をつけるなか、935年に関東で平将門の乱、939年に瀬戸内海周辺で藤原純友の乱が起こります。この2つの乱を合わせて承平・天慶の乱といいます。この2つの乱は、武士の力を広く知らしめる結果となり、この後の武士の急成長につながる契機となりました。

  • 平将門の乱…関東の国々を制圧し新皇と称するも、朝廷軍に敗れる。
  • 藤原純友の乱…瀬戸内の海賊を率い、一時大宰府を占領するも朝廷軍に敗れる。

この2つの乱を鎮めるために、朝廷は同じ武士の力を借りることになります。これにより、武士の力が認められるようになり、武士はさらに勢力を伸ばしていくことになります。

平将門の乱・藤原純友の乱・前九年・後三年の役

前九年・後三年の役

東北地方でも武士団の反乱が起こります。前九年の役後三年の役です。これらの役を鎮圧するのに源氏が活躍しましたので、源氏の東国での確固たる基礎が築かれました。

  • 前九年の役…東北の有力豪族である安倍氏を、清原氏の力を借りて源氏が破った。
  • 後三年の役…清原氏の内紛を源氏が平定した。

前九年の役は9年続いたので、後三年の役は3年続いたので、その名称がつけられています。

院政の始まり

11世紀前半、平安時代の末期になりますが、藤原氏と外戚関係のない後三条天皇が即位すると、摂関政治で権力をふるっていた藤原氏の勢力を抑え込む政策が実施されます。荘園を整理する政策などが有名です。これを契機に、藤原氏の勢力は衰え、天皇中心の政治に戻ります。

白河上皇が院政を開始

1086年、白河天皇は、天皇の位を子にゆずって上皇となり、上皇の御所である院で政治を行います。これが院政の始まりです。もちろん天皇も政治をしたいわけですから、上皇と天皇の争いも頻繁に起こるようになります。

また、多くの貴族や武士たちが院のもとに荘園を寄進するようになったため、上皇の経済力も高まりました。これにより、全国の土地は国司の支配する公領と、院や貴族、寺院を領主とする荘園に分かれることとなります。

僧兵の強訴

大寺院も荘園を寄進され勢力を伸ばし、荘園を守り、他の寺院との争いに備えるために武装した下級の僧が現れます。これが僧兵です。僧兵は、朝廷に対ししばしば武装して強訴(ごうそ)をくわだて、自分たちの主張を通そうとしました。特に、興福寺や延暦寺、園城寺の僧兵は強力でした。

平氏の台頭

武士団の中でも最初に頭角を現したのが平氏です。保元・平治の乱をきっかけに政権を握るようになります。

  • 保元の乱…1156年、上皇と天皇の対立に藤原氏内部の争いがからみ、平清盛、源義朝が味方した天皇側が勝利。
  • 平治の乱…1159年、平清盛と源義朝の勢力争い。平清盛が勝利。
平清盛

平清盛

平清盛は、保元の乱で政界への足掛かりをつかみ、平治の乱で政権を取ったという形になります。1167年には、平清盛は武士として初めて太政大臣となり政権を握ります。また、清盛は自分の娘を天皇の后にし、平氏一族を朝廷の高位高官につけて平氏の全盛期を築きました。

日宋貿易

平清盛は、現在の神戸港(兵庫県)にある大輪田泊(おおわだのとまり)を整備し、と貿易を行います。これにより、経済的にも平氏は大きな利益を獲得することとなります。主要な輸出品・輸入品は押さえておきましょう。

  • 輸出品…金、硫黄、刀剣
  • 輸出品…宋銭、絹織物、陶磁器

平氏の滅亡

平氏は、一族を中心に栄華をほこり、朝廷の政治を思うままに動かしましたが、摂関政治と何も変わらなかったので貴族や自社の反感しだいに高まり、1185年に壇ノ浦の戦いで源氏に敗れ滅亡します。

【確認問題】武士の台頭と院政一問一答

  1. 9世紀になると、各地で成長した豪族や有力農民で武装し自分の土地を守るものが現れた。彼らを何と呼ぶようになったか。
  2. 1の中でも、天皇の子孫からおこり、大きな勢力を持った武士団を2つ答えよ。
  3. 935年に関東で反乱を起こし、自らを新皇と呼んだ人物は誰か。
  4. 939年に瀬戸内海沿岸で反乱を起こした人物は誰か。
  5. 東北地方の安倍氏を鎮圧するために、1051年に起こった役を何というか。
  6. 東北地方の清原氏の内紛を平定するために、1083年に起こった役を何というか。
  7. 位をゆずった天皇は何と呼ばれるか。
  8. 7が中心となって行った政治を何というか。
  9. 8を初めて行った人物は誰か。
  10. このころ、全国の土地のうち、国司が支配する土地を何というか。
  11. このころ、全国の土地のうち、院・貴族・寺社などを領主とする土地を何というか。
  12. 大寺院の下級の僧で、他の寺院との争いに備えて武装したものを何というか。
  13. 12世紀半ば、上皇と天皇の対立に藤原氏の内部紛争が絡んで起こった争いを何というか。
  14. 13の3年後に起こった、平氏と源氏の勢力争いを何というか。
  15. 14に勝利し、政権を握ったのは誰か。
  16. 15は武士として初めて何という役職に就いたか。
  17. 15が中国と行った貿易を何というか。
  18. 17の貿易のために、15は現在のどこの港を整備したか。
  19. 平氏が滅亡した山口県での戦いを何というか。

【解答】武士の台頭と院政一問一答

  1. 武士
  2. 源氏、平氏
  3. 平将門
  4. 藤原純友
  5. 前九年の役
  6. 後三年の役
  7. 上皇
  8. 院政
  9. 白河上皇
  10. 公領
  11. 荘園
  12. 僧兵
  13. 保元の乱
  14. 平治の乱
  15. 平清盛
  16. 太政大臣
  17. 日宋貿易
  18. 神戸港
  19. 壇ノ浦の戦い

【練習問題】武士の台頭と院政

平安時代から鎌倉時代にかけて起こった次のA~Fの出来事を、年代の古い順位に並べなさい。
A:白河上皇が院政を始める。
B:坂上田村麻呂が征夷大将軍になる。
C:平清盛が平治の乱に勝利する。
D:東北地方で前九年の役が起こる。
E:藤原純友の乱が起こる。
F:藤原道長が摂政となる。

【解答】武士の台頭と院政

B→E→F→D→A→C

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る