【中学国語】徒然草の要点

中学国語古典の『徒然草』について学びます。徒然草(つれづれぐさ)の作者は吉田兼好(兼好法師)で、清少納言が書いた『枕草子』、鴨長明が書いた『方丈記』とならんで、日本三大随筆の一つと評価されています。テストや入試に登場するポイントを解説し、練習問題にも挑戦しましょう。

スポンサーリンク

徒然草のあらすじ

吉田兼好が考えたことや、逸話、歴史説話など長短様々に収録されています。「無常観の文学」と称される彼の随筆には、人生の教訓が示されており、庶民にも親しみやすく、身近な古典として愛読されています。

徒然草には。まず序段があり、その後243段から構成されています。有名な序段はこうです。

つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

「やるべき事もなく退屈だったので、一日中硯(すずり)に向かって、心に浮かんでくるいろいろな事を、ただ書いていると、妙におかしな気分になってくる。」

このようにして、つれづれなるままに、恋愛、人生、友人、仏教、自然などについて、ユーモアや皮肉を交えながら綴っています。

徒然草の有名な段

「仁和寺にある法師」や「能をつかんとする人」、「家居のつきづきしく」、「ある人、弓射ることを習ふに」などが有名です。有名な段はストーリーをなんとなく覚えているだけでも点数につながります。その他にも、受験やテストで狙われやすい段は以下の通りです。

  • 十段「家居のつきづきしく」
  • 三十二段「九月廿日の比」
  • 五十二段「仁和寺にある法師」
  • 五十五段「家の作りやう」
  • 五十九段「大事を思ひ立たん人」
  • 八十九段「奥山に、猫またといふものありて」
  • 九十二段「ある人、弓射る事を習ふに」
  • 百九段「高名の木登りといひし男」
  • 百五十段「能をつかんとする人」
  • 百七十段「さしたる事なくて人のがり行くは」
  • 百八十五段「城陸奥守泰盛は、双なき馬乗りなりけり」

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました