中1理科「身近な生物の観察」植物の生える場所やスケッチの方法

シェアする

スポンサーリンク

植物分野の学習をする前に、身近な生物の観察方法を学習します。身近な生物として観察しやすいものが植物です。どのような場所にどんな植物が生えているのか学習した後に、スケッチの方法を学習します。

身近な植物

日当たりの良い場所と日当たりが悪い場所にはどのような植物が生えているのでしょうか。

スポンサーリンク

日当たりの良い場所に生える植物

日当たりがよい場所では、植物が成長するための日光が十分に当たるので、さまざまな種類の植物が生えています。人通りの状況で、土の硬さが異なりますので生える植物が分かれます。

人通りが多い場所

人通りが多い場所は、土が踏み固められ硬くなっています。そのような場所には、背が低くて葉が横に広がっていて、根が発達した植物が生えています。次のような植物です。

  • タンポポ
  • オオバコ
  • スズメノカタビラ など

人通りが少ない場所

人通りが少ない場所は、土が踏み固められていないのでやわらかいです。そのような場所には、草丈が高い植物が生えています。次のような植物です。

  • ヒメジョオン
  • ススキ
  • ブタクサ など

日当たりが悪い場所に生える植物

建物の陰などの日当たりが悪い場所は、日当たりがいい場所に比べて土の中の水分が多いです。そのような場所には、日当たりがいい場所では生育できない植物たちが生えています。次のような植物です。

  • ドクダミ
  • ゼニゴケ
  • イヌワラビ など

どのような植物がどんな場所に生えるのか、実際に自分のまわりで調べてみるといいですね。地域によっても生育する植物が異なります。

ルーペでの観察

気になる植物があれば、そのつくりをルーペを使って観察しましょう。ルーペの使い方のポイントは、ルーペは目に近づけて固定するです。

観察物が動かせる場合

観察するものが動かせる場合は、ルーペを目に近づけて固定した後、観察物を前後に動かしてピントを合わせます。

ルーペ1

観察物が動かせない場合

観察するものが動かせない場合は、ルーペを目に近づけて固定した後、観察物に自分が近づいてピントを合わせます。

ルーペ2

スケッチの方法

観察物をスケッチするには、先のとがった鉛筆で、見えるものすべてをスケッチするのではなく、目的とするものだけを描きます。背景に見えるものなどは描かなくていいです。

線を二重にしたり、塗りつぶしたりせず、影をつけずにはっきりとした線でスケッチしてください。

スケッチの仕方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る