中1理科「質量と重さ」質量と重さと重力の違い

シェアする

スポンサーリンク

中学1年の力と圧力の単元で登場する「質量と重さ」について学習します。日常生活では、意識せずに混同して使っている言葉ですが、理科では意味が違います。今日はその違いをマスターしましょう。

質量と重さ

日常生活で重さというと、体重の60㎏とか、スーパーで売ってあるお肉100gとかを想像しますが、実は理科的には間違った表現になります。60㎏や100gは重さではなく質量になるのです。ややこしいこの違いを説明します。

スポンサーリンク

質量

質量とは

場所が違っても変化しない物体そのものの量を「質量」といいます質量の大きさを表す単位には、gkgなどがあります。

質量は、上皿てんびん電子てんびんを用いて量ります。上皿てんびんで使う分銅は、基準となる分銅である国際キログラム原器の質量と比較して作ってあります。

重さ

重さ地球が地球上の物体を、地球の中心に向かって引く力を「重力」といい、物体にはたらく重力の大きさを「重さ」といいます重さの単位はNニュートンで、地球上では質量100gの物体にはたらく重力の大きさは約1Nになり、質量60㎏の人が地球上で自分の重さをはかると600Nとなります。

重さは上皿てんびんや電子てんびんではなく、ばねばかりニュートンばかり)を使って量ります。

質量と重さの違い

質量は、はかる場所が変わっても変化しません。例えば、質量60㎏の人が地球上で上皿てんびんを使って分銅とつりあわせると、必要な分銅は60㎏になります。重力が地球の1/6の月面上で、この人を上皿てんびんを使って分銅と釣りわせると、やはり必要な分銅は60㎏になります。

質量

一方、重さは、はかる場所によって異なります。質量60㎏の人が地球上でばねばかりにつるされると、ばねばかりは600Nを示しますが、重力が地球の1/6の月面上でばねばかりにつるすと、ばねばかりは600Nの1/6の100Nを示します。

重さ

このように、はかる場所によって物体の質量は変化しませんが、重力は変化することを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク