【中学2年理科】動物の分類のポイント・問題

シェアする

中学2年理科。今日は動物の分類について学習していきましょう。まずはセキツイ動物の分類方法を覚えます。どこからどのように体のつくりが変化するのかを覚えていきましょう。次は、無セキツイ動物のからだのつくりをマスターします。

動物の分類

中学1年で植物の分類を学習したように動物も分類をして覚えていきましょう。動物は大きく次の2つのグループに分類できます。

  • セキツイ動物…背骨をもつ動物
  • 無セキツイ動物…背骨を持たない動物

背骨があるかどうかで動物は大きく分類されます。よくある記述問題で、「セキツイ動物とはどういう動物か?」という問題がありますが、「セキツイがある動物」と答えないでください。答えは「背骨がある動物」です。

スポンサーリンク

セキツイ動物とは

背骨を持つセキツイ動物は次の5種類がいます。

  • 魚類
  • 両生類
  • ハチュウ類
  • 鳥類
  • ホニュウ類

体のつくりをしっかりと覚えましょう。

分類 呼吸 体温 子の産み方 体表
魚類 エラ 変温 卵生(殻なし) うろこ
両生類 子:エラと皮ふ
親:肺と皮ふ
変温 卵生(殻なし) しめった皮ふ
ハチュウ類 変温 卵生(殻あり) うろこ
鳥類 恒温 卵生(殻あり) 羽毛
ホニュウ類 恒温 胎生

呼吸のようすは、両生類の親から変わります。ここから陸上生活になるからです。体温の調節方法は鳥類から変化します。鳥類とホニュウ類は恒温動物で、体温を一定に保てるので、寒い冬や寒冷地でも生活できるようになっています。

セキツイ動物と進化

次のように、セキツイ動物の進化のようすから体のつくりの変化を覚えていけばいいでしょう。進化とは、生活する場所を広げるために、体のつくりが変化することです。

脊椎動物の分類と進化

セキツイ動物のポイント!❶両生類の子はエラと皮膚呼吸、親は肺と皮膚呼吸!
❷魚類・両生類は水中に殻のない卵を、ハチュウ類・鳥類は陸上に殻つき卵を産む!
❸恒温動物は鳥類とホニュウ類。それ以外は変温動物!
❹胎生なのはホニュウ類だけ!

動物の分類 記述問題対策

動物の分類に関する記述問題では、次のような問題が出題されます。

問題「両生類の呼吸の仕方を説明せよ。」
解答「子のときはエラと皮ふで呼吸し、親になると肺と皮ふで呼吸する。」

問題「恒温動物とはどんな動物か。」
解答「外界の温度が変化しても、ほぼ一定に体温を保つことができる動物。」

問題「ハチュウ類や鳥類の卵に殻がついている理由を答えよ。」
解答「乾燥から卵を守るため。」

問題「胎生とはどうのようななかまのふやし方か。」
解答「母体内である程度子を育て、親と似た形で産むこと。」

セキツイ動物の分類

入試や定期テストによく出題される動物をまとめています。しっかりと分類できるようにしましょう。

  • 魚類
    サメ、イワシ、サンマ、ウナギ、フナなど
  • 両生類
    カエル、サンショウウオ、イモリなど
  • ハチュウ類
    カメ、ワニ、ヘビ、トカゲ、ヤモリなど
  • 鳥類
    ハト、ツバメ、ニワトリ、ペンギンなど
  • ホニュウ類
    ウマ、人間、ウサギ、クジラ、イルカ、コウモリなど
モリモリ族!「~モリ」という動物は分類に注意する!
❶イモリ…両生類
❷ヤモリ…ハチュウ類
❸コウモリ…ホニュウ類

恒温動物と変温動物の体温のグラフ

変温動物と恒温動物のグラフ恒温動物は、外界の温度が変化しても、体温がほぼ一定に保たれる動物で、鳥類とホニュウ類が該当します。変温動物は、外界の温度が変化すると体温も変化する動物で、魚類、両生類、ハチュウ類が該当します。

この2種類の動物は、グラフで登場するので、グラフのようすも確認しておきましょう。

  • 動物A:恒温動物
  • 動物C:変温動物

動物の分類の確認問題

  1. 背骨をもつ動物を何というか。
  2. 無セキツイ動物とはどんな動物か。
  3. エラ呼吸で体がうろこでおおわれている動物は何類か。
  4. 子を母体内である程度育て、親と似た形で産むことを何というか。
  5. 恒温動物は何類か。すべて答えよ。
  6. 両生類の呼吸の仕方を簡単に答えよ。
  7. 鳥類やハチュウ類の卵に殻がある理由を答えよ。

解答

  1. セキツイ動物
  2. 背骨を持たない動物
  3. 魚類
  4. 胎生
  5. 鳥類、ホニュウ類
  6. 子のときはエラと皮ふで呼吸し、親になると肺と皮ふで呼吸する。
  7. 乾燥から卵を守るため。

無セキツイ動物

無セキツイ動物の分類

無セキツイ動物とは、背骨を持たない動物です。無セキツイ動物は非常に多くの種類が存在しますが、中学理科では次の2つの分類を覚えれば十分です。

  • 節足動物
    体が外骨格におおわれており、足に節がある動物。
  • 軟体動物
    内臓が外とう膜につつまれ保護されている動物。

節足動物は、からだの外側に硬い「外骨格」というつくりを持っています。カブトムシやカニなどを思い浮かべてください。あれが外骨格です。

軟体動物は体がほにゃほにゃの動物で、内臓を守るために「外とう膜」というつくりを持っている点が特徴です。イカやタコなどがわかりやすいでしょう。

無セキツイ動物のポイント!背骨をもたない動物。次の2種類を覚える!
❶節足動物…体の外側に硬い外骨格をもち、足の関節が節になっている動物。
❷軟体動物…内臓が外とう膜にに包まれ保護されている動物。

昆虫類と甲殻類

節足動物はさらに細かく分類できます。昆虫類甲殻類多足類クモ類など分類できますが、その中でも「昆虫類」と「甲殻類」を覚えてください。

  • 昆虫類
    からだが、頭部、胸部、腹部の3つに分かれており、胸部に3対(6本)の脚がついている。
    例…カブトムシ、アリ、チョウチョウ、ハエなど
    節足動物
  • 甲殻類
    からだは、頭胸部、腹部に分かれている。
    例…カニ、エビ、ミジンコなど
    甲殻類

軟体動物を覚える

軟体動物は、体がほにゃほにゃしていてわかりやすそうですが、意外と分類が難しいです。クラゲやミミズなどは軟体動物には分類されません。見た目での判断が難しいので、次の動物たちをしっかりと覚えるようにしましょう。

軟体動物を覚える!軟体動物は次の6つを覚える!
❶イカ、❷タコ、❸アサリ(貝類)、❺マイマイ、❻ナメクジ、❼ウミウシ

軟体動物のからだのつくりは、次のイカの体のつくりを覚えれば大丈夫でしょう。
軟体動物 イカ

無セキツイ動物の確認問題

  1. 背骨を持たない動物を何というか。
  2. 足に節がある動物を何というか。
  3. 2はからだの外側に何があるか。
  4. 軟体動物の内臓は何という膜で守られているか。
  5. 節足動物で体が頭部、胸部、腹部に分かれている動物を何類というか。
  6. エビやカニのように体が頭胸部と腹部に分かれており節足動物を何類というか。
  7. 次の中から軟体動物を選べ。
    ア:ヘビ イ:ミミズ ウ:クラゲ エ:アサリ オ:クワガタ

解答

  1. 無セキツイ動物
  2. 節足動物
  3. 外骨格
  4. 外とう膜
  5. 昆虫類
  6. 甲殻類

【理科問題❶】動物の分類

問題下の図1は、背骨がある動物を特徴によりA~Eの5つのグループに分類したものである。図2は、動物の体温の特徴を表したもので、周囲の温度が変化したときの体温の変化のようすを表している。これについて、次の各問いに答えなさい。

動物の分類

(1)図1のA~Eのグループに分類される動物は、すべて背骨をもつ動物である。背骨をもつ動物を何というか。

(2)図1のアに当てはまるうまれ方を何というか。また、アのうまれ方をするグループAは何類になるか。

(3)図1の体温の調節方法は、動物のグループによりイとウに分けることができる。このうちイにあてはまる動物の体温の変化を表したグラフは、図2のxとyのどちらか、記号で答えなさい。また、このような体温の変化をする動物を何動物というか、名称を答えなさい。

(4)図1の呼吸の仕方で、グループDはエになる。エの呼吸の仕方を、子の時期と親の時期の特徴が分かるように説明しなさい。

(5)図1のグループCにあてはまる動物を、次のア~オの中から一つ選び、記号で答えなさい。
ア サメ  イ カエル  ウ ヤモリ  エ イモリ  オ ハト

【解答・解説❶】動物の分類

(1)セキツイ動物

背骨がある動物をセキツイ動物。背骨がない動物を無セキツイ動物といいます。

(2)うまれ方:胎生 グループ名:ホニュウ類

セキツイ動物の中で、卵ではなく親と似た形の子を産むのはホニュウ類のみで、子を産むなかまのふえ方を胎生といいます。その他のセキツイ動物は卵生で、卵を産みなかまをふやします。

(3)記号: 動物名:恒温動物

外界の温度が変化しても、体温がほぼ一定に保たれる動物を恒温動物といいます。セキツイ動物の中で恒温動物なのは、ホニュウ類と鳥類になります。したがって、図1のイが恒温動物になります。恒温動物の体温の変化は、一定に保たれているxになります。

(4)子の時期はエラと皮ふで呼吸し、親になると肺と皮ふで呼吸する。

カエルやイモリ、サンショウウオなどの両生類は、子のときにはエラと皮ふで呼吸し、親になると肺と皮ふで呼吸をします。

(5)

グループCは、変温動物で卵生で一生を通じて肺呼吸をするので、ハチュウ類であるとわかります。ハチュウ類には、ヘビやワニ、カメ、トカゲ、ヤモリなどがいます。

イモリとヤモリは間違えやすいのよく出題されます。ここで整理しておきましょう。

  • イモリ…両生類
  • ヤモリ…ハチュウ類
  • コウモリ…ホニュウ類

【練習問題❷】無セキツイ動物

問題下の図1はイカのからだのつくりを、図2はザリガニのからだのつくりを表したものである。これについて、以下の各問いに答えなさい。

無セキツイ動物

(1)図1はイカのからだのつくりを表したものである。図中のAのつくりの名称と、そのはたらきを簡潔に答えなさい。

(2)図1のイカのように、Aをもつ動物を何動物というか、名称を書きなさい。また、その動物と同じ種類の動物を、下のア~オから一つ選び、記号で答えなさい。
ア クラゲ  イ ヒトデ  ウ アサリ  エ ミミズ  オ ヘビ

(3)図2はザリガニのからだのつくりを表したものである。ザリガニなどの甲殻類は、からだがBと腹部に分かれている。Bのからだの部分の名称を答えなさい。

(4)図2のザリガニは、からだの外側に硬い殻でおおわれている。この硬い殻を何というか、名称を答えなさい。

(5)ザリガニなどの甲殻類や、カブトムシなどの昆虫類は、からだが硬い殻でおおわれ、足の関節が節になっている。このような動物を何動物というか、名称を答えなさい。

(6)図1のイカも、図2のザリガニも、背骨をもたない動物である。このような動物を何動物というか、名称を答えなさい。

【解答・解説❷】無セキツイ動物

(1)名称:外とう膜 はたらき:内臓を守る。

イカは軟体動物に分類されます。軟体動物には外とう膜があり、内臓が守られているのが特徴です。

(2)名称:軟体動物 記号:

イカの他にも、軟体動物にはタコ、マイマイ、ナメクジやアサリやシジミなどの貝も含まれます。クラゲは刺胞動物、ヒトデは棘皮動物、ミミズは環形動物に分類されるので間違えないように。

軟体動物は次の6つを覚えておきましょう。
「イカ、タコ、マイマイ、ナメクジ、貝、ウミウシ」

(3)頭胸部

ザリガニやエビ、カニなどを甲殻類といいます。甲殻類の中には、からだが頭胸部と腹部に分かれているものも多くいます。

(4)外骨格

甲殻類や昆虫類のからだの外側は、外骨格という硬い殻でおおわれれています。外骨格には、からだを支えるはたらきや、内部を保護するとういはたらきがあります。

(5)節足動物

甲殻類や昆虫類のように、からだが外骨格でおおわれていて、足の関節が節になっている動物を節足動物といいます。節足動物には、甲殻類や昆虫類の他に、クモ類や多足類なども分類されます。

(6)無セキツイ動物

節足動物も軟体動物もからだに背骨を持ちません。背骨がない動物を無セキツイ動物といいます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る