【中学理科】無セキツイ動物 キーワードは外骨格と外とう膜

シェアする

スポンサーリンク

中学2年理科。前回は背骨を持つ動物であるセキツイ動物を学習しました。今日は背骨を持たない動物である「無セキツイ動物」について学習していきましょう。

無セキツイ動物

無セキツイ動物の分類

無セキツイ動物とは、背骨を持たない動物です。無セキツイ動物は非常に多くの種類が存在しますが、中学理科では次の2つの分類を覚えれば十分です。

  • 節足動物
    体が外骨格におおわれており、足に節がある動物。
  • 軟体動物
    内臓が外とう膜につつまれ保護されている動物。

節足動物は、からだの外側に硬い「外骨格」というつくりを持っています。カブトムシやカニなどを思い浮かべてください。あれが外骨格です。

軟体動物は体がほにゃほにゃの動物で、内臓を守るために「外とう膜」というつくりを持っている点が特徴です。イカやタコなどがわかりやすいでしょう。

無セキツイ動物のポイント!背骨をもたない動物。次の2種類を覚える!
❶節足動物…体の外側に硬い外骨格をもち、足の関節が節になっている動物。
❷軟体動物…内臓が外とう膜にに包まれ保護されている動物。
スポンサーリンク

昆虫類と甲殻類

節足動物はさらに細かく分類できます。昆虫類甲殻類多足類クモ類など分類できますが、その中でも「昆虫類」と「甲殻類」を覚えてください。

  • 昆虫類
    からだが、頭部、胸部、腹部の3つに分かれており、胸部に3対(6本)の脚がついている。
    例…カブトムシ、アリ、チョウチョウ、ハエなど
    節足動物
  • 甲殻類
    からだは、頭胸部、腹部に分かれている。
    例…カニ、エビ、ミジンコなど
    甲殻類

軟体動物を覚える

軟体動物は、体がほにゃほにゃしていてわかりやすそうですが、意外と分類が難しいです。クラゲやミミズなどは軟体動物には分類されません。見た目での判断が難しいので、次の動物たちをしっかりと覚えるようにしましょう。

軟体動物を覚える!軟体動物は次の6つを覚える!
❶イカ、❷タコ、❸アサリ(貝類)、❺マイマイ、❻ナメクジ、❼ウミウシ

軟体動物のからだのつくりは、次のイカの体のつくりを覚えれば大丈夫でしょう。
軟体動物 イカ

無セキツイ動物 練習問題

  1. 背骨を持たない動物を何というか。
  2. 足に節がある動物を何というか。
  3. 2はからだの外側に何があるか。
  4. 軟体動物の内臓は何という膜で守られているか。
  5. 節足動物で体が頭部、胸部、腹部に分かれている動物を何類というか。
  6. エビやカニのように体が頭胸部と腹部に分かれており節足動物を何類というか。
  7. 次の中から軟体動物を選べ。
    ア:ヘビ イ:ミミズ ウ:クラゲ エ:アサリ オ:クワガタ

無セキツイ動物 練習問題 解答

  1. 無セキツイ動物
  2. 節足動物
  3. 外骨格
  4. 外とう膜
  5. 昆虫類
  6. 甲殻類

無セキツイ動物の入試レベル問題に挑戦

無セキツイ動物の問題のポイントは、外骨格や外とう膜などの体のキーワードとなるつくりを覚えることと、具体的に分類ができるようになることが大切です。そこまで学習が進めば、イカや昆虫などの細かな体のつくりの名称を覚えましょう。

その他の理科の学習単元は下のボタンをクリック!一覧表に飛びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る