中2理科「動物細胞と植物細胞」多細胞生物の組織や器官とは?

シェアする

スポンサーリンク

中学2年理科。化学変化の学習のあとは生物分野の人体や動物の学習に進みます。ここはしっかりと用語を覚えて得点源にしてください。

細胞とは?

生物はすべて細胞からできています。ゾウリムシなどの単細胞生物もヒトのような大きな多細胞生物もやはり細胞が集まってできているのです。つまり、細胞とは生物の基本単位といえるのです。

ヒトは約60兆個の細胞が集まってできているといわれますが、最近では約37兆個という説も出ています。どちらにせよ、ものすごく多くの細胞でできている多細胞生物になることがわかります。

スポンサーリンク

動物細胞と植物細胞

細胞のつくり

細胞の大きなつくりは、次の3つになります。


  • 細胞の中心に通常1個あり、ひも状染色体を含む
  • 細胞質
    核のまわりの部分で葉緑体液胞などが含まれる。一番外側が細胞膜
  • 細胞壁
    植物細胞だけに見られる細胞膜の外側にある頑丈なつくり。

動物細胞と植物細胞では、植物細胞の方が複雑なつくりをしています。動物、植物両方の細胞に見られるつくりとして、

  • 細胞質
  • 細胞膜

があります。植物細胞だけに見られるつくりとしては、

  • 葉緑体
  • 液胞
  • 細胞壁

が見られます。それぞれのつくりのはたらきも覚えましょう。


  • 染色体を含み、遺伝に関する大切な情報を保管している
  • 細胞質
    液体で満たされていて、細胞の呼吸などさまざまな化学変化が起きている
  • 細胞膜
    細胞内外の物質の移動に関与している
  • 葉緑体
    光を浴びて光合成をする
  • 液胞
    不要物などいろいろな物質を蓄えている
  • 細胞壁
    頑丈なつくりで植物の体を支える働きがある

酢酸カーミン液

染色体赤色に染め観察しやすくる染色液です。酢酸カーミン液の他に、酢酸オルセイン液も同じく、核や染色体を赤色に染色します。

単細胞生物と多細胞生物

ゾウリムシミカヅキモミドリムシのように1個の細胞で生きている生物を単細胞生物といいます。単細胞生物の細胞は、1個の細胞ですべての生命現象を行っているので、大きな細胞になります。

単細胞生物

ヒトのように多くの細胞でできている生物を、多細胞生物といいます。多細胞生物は多くの細胞でできていますので、次の組織や器官という細胞の集まりも覚えてください。

組織と器官

組織と器官

組織とは、同じはたらきをする細胞が集まってできたものです。筋組織や表皮組織などがあります。

器官とは、いろんな組織が集まってできたものです。胃や小腸、脳、肺などが器官になります。そして、色んな器官が集まり個体ができるのです。次の順番をしっかりと覚えておきましょう。

細胞<組織器官<個体

動物細胞と植物細胞の練習問題

  1. 植物細胞だけに見られる細胞のつくりをすべて答えよ。
  2. 動物細胞と植物細胞の両方に見られるつくりをすべて答えよ。
  3. 細胞壁のはたらきを答えよ。
  4. 核や染色体を赤色に染める染色液は何か。
  5. 1個の細胞でできている生物を何というか。
  6. 多細胞生物で、同じはたらきをもつ細胞が集まって何ができるか。
  7. 6が集まり、特定のはたらきをもった何ができるか。

解答

  1. 細胞壁、液胞、葉緑体
  2. 核、細胞質、細胞膜
  3. 体を支えるはたらき
  4. 酢酸カーミン液、酢酸オルセイン液
  5. 単細胞生物
  6. 組織
  7. 器官

細胞のつくり 入試レベル問題に挑戦

細胞のつくりが入試問題で出題されるときは、組織や器官、細胞の呼吸などとあわせて出題されることが多いようです。また、顕微鏡の使い方植物の葉のつくり・はたらきなども一緒に出題されるパターンも多いです。

細胞のつくり入試レベル問題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る