中3理科「動物の有性生殖」減数分裂と受精の仕組み

シェアする

スポンサーリンク

中3理科の生物分野である生殖のなかでも、動物の有性生殖は頻出分野になります。何のために減数分裂を行うのか、減数分裂と受精により染色体の数がどう変化するのかをしっかしとマスターしていきましょう。

有性生殖とは?

有性生殖とは、自分と同じなかまをふやす生殖の中でも、オスとメスが関わって生殖を行う方法です。無性生殖と比べると面倒な手順になりますが、環境の変化に対応しやすい生殖方法になります。

  • 無性生殖体細胞分裂でなかまをどんどんふやす。
    メリット数をふやすのに都合がよい
    デメリット染色体の組み合わせが親と同じなので、環境の変化に弱い
  • 有性生殖…減数分裂生殖細胞をつくり受精によってなかまをふやす
    メリット染色体の組み合わせが親と異なるので、環境の変化に対応しやすい
    デメリット数をふやすのに都合が悪い

動物の有性生殖

動物の有性生殖でもカエルの有性生殖が取り扱われます。有性生殖の手順は次の通りです。

  1. オスの精巣、メスの卵巣で体細胞から減数分裂によって生殖細胞(精子、卵)がつくられる。
  2. 生殖細胞どうしの核が合体受精卵ができる。
  3. 受精卵が発生ができる。
  4. 発生が進み個体の身体が形作られる。
  5. 自分でエサを取り始めるようになる。

カエルの有性生殖

スポンサーリンク

有性生殖のポイント

精巣や卵巣で減数分裂が行われ、体細胞から生殖細胞である精子と卵がつくられることと、生殖細胞の精子と卵の核が合体する受精が行われ、受精卵ができることです。

また、受精卵は体細胞分裂を繰り返して発生し、になることも重要です。

染色体の数の変化

染色体の数の変化も重要です。

動物の有性生殖

  • 減数分裂によって染色体の数が体細胞の半分になります。
  • 受精によって生殖細胞どうしの核が合体染色体の数が親と同じ数に戻ります
  • 受精卵以降は体細胞分裂によって細胞数が増えていくので、染色体の数は変化しません。

発生と胚

受精が終わって受精卵ができると、受精卵は体細胞分裂を繰り返して成長していきます。この過程を発生といいます。受精が終わった後は、体細胞分裂で細胞の数が増えていきますが、普通の体細胞分裂と少し変わったところがあります。下の図は、カエルの発生のようすを表したものです。

発生と胚

まず、覚えておきたいのが、受精卵が発生すると、名前がに変わることです。自分でエサを食べるようになるまで胚と呼ばれます。

普通の体細胞分裂と異なる点は、細胞分裂が終わっても細胞が大きくならずに、すぐ次の細胞分裂が起こることです。したがって、発生が進につれて、細胞一つ一つの大きさはだんだん小さくなっていきます

動物の有性生殖 練習問題

  1. オスとメスによってなかまをふやす方法を何というか。
  2. 有性生殖のメリットを答えよ。
  3. カエルのオスで精子をつくる場所を何というか。
  4. 精子や卵などのように生殖に関わる特別な細胞を何というか。
  5. 4をつくるときに行われる特別な細胞分裂を何というか。
  6. 5が行われると染色体の数はどうなるか。
  7. 受精とは何か。「精子」「卵」という語句を使って説明せよ・
  8. 受精卵はその後、体細胞分裂を繰り返す。この過程を何というか。
  9. 8が行われると受精卵は何になるか。
  10. 8が行われると細胞1つの大きさはどうなるか。

解答

  1. 有性生殖
  2. 親と異なる染色体の組み合わせになるので環境の変化に対応しやすい。
  3. 精巣
  4. 生殖細胞
  5. 減数分裂
  6. 半分になる。
  7. 精子の核と卵の核が合体すること。
  8. 発生
  9. 小さくなっていく。

動物の有性生殖 入試レベル問題に挑戦

細胞分裂や生殖に関する問題は、得点率が高い問題になります。正答率が7割以上の問題が沢山あるので、見方を変えると絶対に間違えられない問題が多い単元なのです。全問正解する力を付けましょう。

入試レベル問題に挑戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る