植物の分類問題!点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

植物に関する学習の最後の仕上げは、植物の分類に関する内容です。今まで身に付けた知識がすべて問われるので、しっかりと一つ一つ暗記していくことが大切です。

植物の分類に関する問題

問題植物の特徴をもとに下図のように分類した。特徴①~④は植物のふえ方や、花のようす、芽生えのようすなどをもとに基準を設け分類したものである。

植物の分類

(1)特徴①にあてはまる分類の基準は何か。「根」「茎」「葉」という語句を使って、簡潔に書け。

(2)次のア~エは、特徴②~④のいずれかを表している。特徴③にあてはまるものを1つ選び、記号で答えよ。

ア 芽生えのとき子葉が2枚か   イ 花びらが1つにくっついているか
ウ 葉緑体があり光合成をするか  エ 胚珠が子房に包まれているか

(3)上図で、Fのなかまを何というか。また、Fにあてはまる植物として正しいものを次のア~エから1つ選び、記号で答えよ。

ア ツユクサ  イ マツ  ウ スギゴケ  エ タンポポ

(4)上図のDの植物のなかまの葉脈、根のようすとして、正しい組合せになっているものをア~エの中から一つ選び、記号で答えよ。

葉脈のようす 根のようす
平行脈 主根と側根
平行脈 ひげ根
網状脈 主根と側根
網状脈 ひげ根
スポンサーリンク

植物の分類に関する問題 解答・解説

(1)根、茎、葉の区別ができる。
植物で、根・茎・葉の区別がなく、維管束もなく、からだ全体で水分を吸収する植物がコケ植物です。

(2)
〔いいえ〕で単子葉類のユリになっているので、〔はい〕の方は双子葉類だとわかります。双子葉類は、芽生えのとき子葉が2枚で、葉脈は網状脈、根は主根と側根、茎の維管束は輪のように並んでいるのが特徴です。

(3)分類:合弁花類 記号:
ツツジは、花弁が一つにくっついている合弁花類です。合弁花類には次の植物があります。「ツツジ、タンポポ、アサガオ、ヒマワリ、キク」です。この5つを覚えておけば、合弁花類の分類は大丈夫でしょう。

(4)
Dの植物のなかまは、ユリが登場しているので単子葉類だとわかります。単子葉類には次のような植物があります。「ツユクサ、ユリ、アヤメ、ススキ、イネ、トウモロコシ」です。単子葉類と双子葉類の特徴には次のようなものがあります。

単子葉類 双子葉類
芽生え 子葉が1枚 子葉が2枚
葉脈 平行脈 網状脈
維管束 ばらばら 輪のように並んでいる
ひげ根 主根と側根
植物 ツユクサ
ユリ
アヤメ
ススキ
イネ
トウモロコシ など
サクラ
エンドウ
ホウセンカ
タンポポ
アサガオ
ヒマワリ など

植物の分類に関する問題ができなかった場合

まだまだ覚えきれていない状態です。分類基準と具体的な植物名を、一つ一つじっくりと覚えるようにしましょう。下のリンク先で復習ができるようになっています。
参考中1理科「植物の分類問題」テストに出る植物名を覚える!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る