感覚器官に関する問題!点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

感覚器官の中でも、目や耳のつくりがよく出題されます。各部の名称やはたらきを覚えられているか確認しましょう。

感覚器官に関する問題

問題外界からの刺激を受けとる器官を感覚器官という。下の図は、ヒトの2つの感覚器官を模式的に表したものである。これについて、次の各問いに答えなさい。

感覚器官

(1)図は目と耳のつくりを表したものであるが、目と耳は何を刺激として受け取っているか、それぞれ答えよ。

(2)目のつくりで、ひとみの大きさを調節し、目に入る光の量を調節している部分はA~Dのどこか、記号で答えなさい。また、そのつくりの名称も答えなさい。

(3)次の文は、目のはたらきについてまとめたものである。文中の{ }から、適するものを選び、記号で答えなさい。

 明るいところから暗い部屋に入ると、ひとみの大きさが{①ア:大きく イ:小さく}なる。また、遠くを見ている状態から、急に近くを見るとレンズの厚さは{②ア:厚く イ:薄く}なる。

(4)耳のつくりで、最初に空気の振動をとらえる部分はE~Gのどれか、記号で答えなさい。また、そのつくりの名称を答えなさい。

(5)耳のつくりで図中のEは耳小骨というつくりである。この耳小骨のはたらきを簡潔に答えなさい。

(6)目と耳のつくりで、刺激を受けとる感覚細胞があるつくりはどこか。A~Gの中からそれぞれ一つずつえらびなさい。

(7)目や耳などの感覚器官で受け取った刺激は、このあとどこに伝えられ意識されるか。

スポンサーリンク

感覚器官に関する問題 解答・解説

(1)目: 耳:

感覚器官は、外界からの刺激を受けとる器官です。目は光の刺激を、耳は音の刺激を受けとっていま。その他にも、舌は味を、鼻はにおいを、皮膚は圧力や温度などを受けとります。

(2)記号: 名称:虹彩(こうさい)

目に入る光の量を調節するのは虹彩というつくりです。暗い部屋に入ると虹彩が広がり、ひとみが大きくなり目に入る光の量が増加します。逆に明るい場所に行くと虹彩がしぼられ、ひとみが小さくなり目に入る光の量が減少します。

(3)①: ②:

目のつくりで、レンズ(水晶体)は、光を屈折させ網膜上に像を結ぶつくりです。遠くのものは小さく見えるのでレンズはうすくなり、光をあまり屈折させないようにします。近くのものは大きく見えるのでレンズは厚くなり、光を大きく屈折させて網膜上に像を結びます。

(4)記号: 名称:鼓膜

音は空気を振動させながら伝わっていきます。この振動をとらえるつくりが鼓膜です。

(5)鼓膜で受け取った振動を増幅させてうずまき管に伝える。

鼓膜で受け取った振動は、耳小骨によって振動が増幅させられ、うずまき管内のリンパ液に伝わります。このリンパ液の振動で音が聞こえるのです。

(6)目: 耳:

刺激を受けとる細胞を感覚細胞といいます。目の場合、網膜上に感覚細胞があり、耳の場合、うずまき管内に感覚細胞があります。

(7)

感覚器官で受け取った刺激は、感覚神経によって中枢神経に伝えられます。そして脳に伝わると意識することができます。

感覚器官の基礎知識の復習

感覚器官に関する問題は解けたでしょうか。感覚器官の中でも目のつくりと耳のつくりは入試や定期テストでも頻繁に出題されます。基本的な用語だけでなく、どのようにしてものが見えているのか、

その他の理科の学習単元は下のボタンをクリック!一覧表に飛びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る