【理科問題演習】運動器官に関する問題

シェアする

スポンサーリンク

人体のつくりの中で、今日は運動器官についての問題演習に挑戦します。運動器官とは、からだを動かすときに使う器官で、筋肉や骨格などに関する内容になります。出題パターンは少ないですので完璧にマスターしましょう。

運動器官に関する問題

問題下の図は、ヒトのうでのつくりを示したものである。これについて、次の各問いに答えなさい。

運動器官1

(1)Aは、白い丈夫なすじで、骨と筋肉をつないでいる。この部分の名前を答えなさい。

(2)Bの部分は、骨と骨がつながっている部分で、この部分から腕を曲げることができる。この部分の名前を答えなさい。

(3)Bの部分で、筋肉と骨がつながっているが、筋肉と骨のつながりかたで正しいものは、次のア~エの中から一つ選び、記号で答えなさい。
運動器官2

(4)図の状態からうでを曲げるとき、筋肉Xと筋肉Yの状態は、それぞれどのようになるか。次のア~エから一つ選び、記号で答えなさい。
ア 筋肉Xは縮み、筋肉Yはゆるむ。
イ 筋肉Xは縮み、筋肉Yも縮む。
ウ 筋肉Xはゆるみ、筋肉Yは縮む。
エ 筋肉Xはゆるみ、筋肉Yもゆるむ。

スポンサーリンク

運動器官に関する問題 解答・解説

(1)けん

骨と筋肉はつながっており、骨と筋肉がつながっている筋肉が少し硬くなった部分を「けん」といいます。

(2)関節

骨と骨がつながっている部分を関節といいます。うでや足は、この関節の部分から曲げることができるようになっています。

(3)

筋肉は、関節をへだてて次の骨につながっています。筋肉Xと筋肉Yで、関節を飛び越えて次の骨につながっているのはエになります。

(4)

うでを曲げるとき、筋肉Xは縮み、筋肉Yはゆるみ(のび)ます。また、うでを曲げた状態から伸ばすとき、筋肉Xはゆるみ(のび)、筋肉Yは縮みます。

基本の復習中2理科「運動器官」関節とけんの違いや筋肉の動きをおさらい!

運動器官の基礎知識の復習

運動器官に関する問題は解けたでしょうか。難しい問題ではありませんので、パーフェクトを目指してください。もし解らないところがあったならば、下のリンク先で基本を復習しましょう。

その他の理科の学習単元は下のボタンをクリック!一覧表に飛びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る