慣性の法則に関する問題!点数が上がる高校入試理科問題

シェアする

スポンサーリンク

運動と力の分野で、慣性の法則に関する問題演習を行います。地球上の物体が持つ慣性について考えましょう。

慣性の法則に関する問題

問題下図のように、電車の中にいるAくんは、電車が発車するときと、電車が停車するときに自分のからだが傾くことに興味を持った。これについて、次の各問いに答えなさい。

慣性の法則

(1)電車が図の進行方向に急発進したとき、Aくんのからだはアとイのどちらに傾くか。記号で答えなさい。

(2)電車が急発進したとき、からだが(1)の向きに傾いたのは、物体がもつ性質によるものである。この性質を何というか。

(3)(2)の性質による起こる現象として正しいものを、次のア~エからすべて選び、記号で答えなさい。
ア 坂道を自転車で下るとき、ペダルをこがなくてもだんだん速くなる。
イ 紙の上に消しゴムを乗せ紙だけを勢いよく横に引くと、消しゴムはその場にとどまった。
ウ 車に乗っているとき、カーブを曲がるときからだが外側に傾いた。
エ 氷の上でスケートを履き押し合うと、両方に離れていく。

(4)次の分は、Aくんが電車の中で感じたことをまとめたものである。文中の①と②に適する語句を書きなさい。

電車が発車するときからだが傾くのは、電車は進行方向に進もうとするが、からだは( ① )を続けようとするからである。また、電車が停車するときにもからだが傾くのは、電車にはブレーキの摩擦力がはたらくが、からだは( ② )を続けようとするからである。
スポンサーリンク

慣性の法則に関する問題 解答・解説

(1)

電車にはモーターの力がはたらき、進行方向にだんだん速くなっていきますが、電車に乗っているA君には力がはたらかないので、その場にとどまろうとします。

(2)慣性

物体に外から力がはたらかない場合や、力がつり合っている場合、静止している物体は静止をし続け、運動している物体は等速直線運動を続けようとします。この物体が持つ性質を慣性といいます。

(3)イ、ウ

イは、消しゴムがその場に静止し続けた結果で、ウは、車の進行方向に等速直線運動を続けようとした結果である。アは、力がはたらきだんだん速くなる運動説明しており不適。エは、作用・反作用の法則の具体例である。

(4)①静止 ②等速直線運動

慣性の法則とは、物体に外から力がはたらかない場合や、力がつり合っている場合、静止している物体は静止をし続け、運動している物体は等速直線運動を続けようとする法則です。

慣性がいまいちわからない場合

問題を解いてみて、いまいち慣性がつかめていないとわかったら、もう一度慣性についてしっかりと復習を行っておきましょう。ポイントは記述で説明できるようになることです。下のリンク先で復習ができます。
参考中3理科「慣性の法則」記述問題が頻出!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る