中学社会地理「六大陸と三大洋のポイント」地図とグラフで確認・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中学社会地理「六大陸と三大洋のポイント」地図とグラフで確認です。

世界の陸地と海洋の割合

海と陸の割合
世界の陸地とと海洋の割合はおよそ3:7です。

スポンサーリンク

六大陸と三大洋の位置関係

世界の大陸
世界で最も広い大陸は、ユーラシア大陸、最も広い大洋は、太平洋です。

さらに知っておきたい六大陸と三大洋のこと

  • 大西洋…ヨーロッパ、アフリカと南北アメリカの間に位置する世界第2の海洋。
  • インド洋…アジアとアフリカの間に位置する世界第3の海洋。
  • 六大陸…面積が広い順に、ユーラシア大陸(アジアとヨーロッパ)、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、南極大陸、オーストラリア大陸

六大陸と三大洋の練習問題

  1. 地球の表面のうち、陸地は約何割を占めているか。
  2. 世界の三大洋のうち、最も面積の大きい海洋は何か。
  3. 世界の六大陸のうち、最も面積の大きい大陸は何か。
  4. 世界の六大陸のうち、最も面積が小さく、一つの国からなる大陸は何か。

六大陸と三大洋の解答

  1. 3割
  2. 太平洋
  3. ユーラシア大陸
  4. オセアニア大陸

確認中学地理「世界のすがたの一問一答用語チェック」
以上が、中学社会地理「六大陸と三大洋のポイント」地図とグラフで確認・練習問題となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク