【中3理科問題】地球の自転と日周運動の練習問題

地球の自転と、それに伴う太陽や星の日周運動について問題演習を行います。

スポンサーリンク

地球の自転の確認問題

  1. 地球がその場で1日で一回転する運動を何と言いうか。
  2. 1の方角はどちらからどちらか。
  3. 1は1時間で何度か。
  4. 1を北極側から見ると時計回りか反時計回りか。
  5. 1によって起こる、太陽や星の見かけの運動を何というか。
  6. 5の向きはどちらからどちらか。
  7. 5で、太陽や星は1時間に何度動いていくように見えるか。
  8. プラネタリウムのよな見かけの空のことを何というか。
  9. 観測者の真上の8のところを何というか。
  10. 北極星が時間が経っても動かない理由を答えよ。

解答

  1. 地球の自転
  2. 西から東
  3. 15°
  4. 反時計回り
  5. 日周運動
  6. 東から西
  7. 15°
  8. 天球
  9. 天頂
  10. 地球の地軸の延長線上の遠いところにあるから。

【練習問題】地球の自転と日周運動

下の図1、図2は、ある方角の星の動きを一定時間観察したものである。これについて、以下の各問いに答えよ。

地球の自転と日周運動

(1)図1と図2は、それぞれどの方角の空の星の動きを観察したものか。

(2)図1で、Xの方角は何か。4方位のうちのいずれかで答えなさい。

(3)図1で、星が動く向きはaとbのどちらか。また、星の動きの中心にあるAは何という星か。それぞれ答えなさい。

(4)図2で、星の動く向きはaとbのどちらか。

(5)次の分は、星の1日の動きについてまとめたものである。文中の( )にあてはまる語句や数字を答えなさい。

夜空の星を観察していると、星が( ① )から( ② )の方角に、1時間に( ③ )°動いていくことが確認できます。この動きを( ④ )といいます。この動きが起こる原因は地球の( ⑤ )です。地球が( ⑥ )を回転軸として、1時間に( ⑦ )°、( ⑧ )から( ⑨ )の方角へ回転しているので、動いていない太陽や星が動いていくように見えるのです。

【解答・解答】地球の自転と日周運動

(1)図1: 図2:

星野日周運動では、東の地平線から右上がりに星がのぼり、南の空で南中し、西の地平線に右下がりで沈んでいきます。また、北の空では、北極星を中心に反時計回りに星が動いていくように見えます。

(2)西

北の空を向いたとき左手の方角が西、右手の方角は東になります。

(3)動く向き: 星:北極星

北の空では、星は北極星を中心に反時計回りに星が動いていくように見えます。

(4)a

東の空では、右上がりに星が地平線から昇ってきます。太陽も星と同じような動きをします。

(5)① ②西 ③15 ④日周運動 ⑤自転 ⑥地軸 ⑦15 ⑧西 ⑨

地球が北極と南極を結ぶ地軸を回転軸として、1時間に15°ずつ西から東に自転しています。地球の自転の影響で、動いていない星や太陽が、1時間に15°ずつ東から西に動いていくように見えます。これを日周運動といいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました