中学公民「衆議院と参議院」比較・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

衆議院と参議院の比較と違いについてです。これらの比較や違いについてもよく入試やテストで出題されるので、注意が必要です。

衆議院と参議院

比較 衆議院 参議院
議員数 475人 242人
任期 4年 6年
解散 ある ない
改選 ない 3年ごとに半数
選挙権 満18歳以上 満18歳以上
被選挙権 満25歳以上 満30歳以上
選挙区 小選挙区295人 選挙区146人
比例代表180人 比例代表96人
スポンサーリンク

重要用語

  • 二院制…国会が2つの議院から成り立っているのは、国民のさまざまな意見を反映させ、慎重な審議を行うため。
  • 衆議院の優越…国会の議決は多数決が基本。両議院の一致によって成立。しかし、議決が異なった場合は、両院協議会を開き、予算の先議権や内閣不信任決議権など衆議院が優越します。

<衆議院の優越の例>

  • 法律案の議決
  • 予算の審議・議決
  • 条約の承認
  • 内閣総理大臣の指名

など。

国会の地位と二院制

国会は国権の最高機関で唯一の立法機関である。日本の政治は,国家権力を立法・行政・司法の三権に分け、それぞれを国会・内閣・裁判所の3つの機関に運用させる権力分立 主義と国民の意思を代表者(議員)による 議会を通して反映させる議会制民主主義に基づいて成り立っている。日本国憲法は第41条で、「国会は、国権の最高機関」と定め、国の政治は、国民を代表する国会を中心に行われることを明らかにしている(国会中心主義)。

衆議院と参議院

国会は、衆議院と参議院の二院で構成される(二院制)。二院制(両院制)は、衆議院の行き過ぎを参議院で抑制できる議案を慎重に審議できるなどの利点がある。衆議院は、解散の制度を採用することで国民の意思をより的確に反映し、参議院は、衆議院の「数の政治」を「理の政治」によって抑制し、良識の府としての役割を果たす。

衆議院と参議院 練習問題

次の問いに答えよ。

  1. 衆議院の任期は何年か。
  2. 解散があるのは、衆議院と参議院のどちらか。
  3. 優越があるのは、衆議院と参議院のどちらか。
  4. 衆議院の被選挙権は、満何歳以上か。
  5. 二院制の理由を簡潔に書け。

解答

  1. 4年
  2. 衆議院
  3. 衆議院
  4. 25
  5. 国民のさまざまな意見を反映させ、慎重な審議を行うため

比較(公民編)

以上が、中学公民「衆議院と参議院」比較・練習問題となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る