中学地理「促成栽培と抑制栽培の比較」

スポンサーリンク

促成栽培と抑制栽培の比較

比較促成栽培抑制栽培
特徴温暖な気候を生かして、野菜の生育を早めて出荷夏の冷涼な気候を生かし、出荷時期を遅らせて高原野菜を出荷
地域高知県、宮崎県など中央高地(長野県など)
野菜ピーマンなどレタス
メリットその時期にない野菜なので、高く売ることができる

促成栽培

温暖な気候を生かして、野菜の生育を早めて出荷。その時期にない野菜なので、高く売ることができる。

  • 高知では、温暖な高知平野ビニールハウスなどを利用して、ピーマンなどの野菜の促成栽培。
  • 宮崎では、宮崎平野ビニールハウスを利用して野菜の促成栽培。

抑制栽培

夏の冷涼な気候を生かし、出荷時期を遅らせて高原野菜を出荷。その時期にない野菜なので、高く売ることができる。

  • 長野県は、ぶどう、りんごの生産量が日本有数。それぞれ第2位。
  • 岩手県には、伝統産業の南部鉄器。その他、東北地方は、津軽塗(青森県)、会津塗(福島県)、天童将棋駒(山形県)など伝統的工芸品がある。

確認中学地理「日本の農業の特色まとめ」

中学社会をポイントで学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学地理
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

タイトルとURLをコピーしました