【中学歴史】大化の改新

シェアする

大化の改新

645年中大兄皇子中臣鎌足らは 飛鳥の宮殿で朝鮮の使節をむかえる儀式のとき、蘇我入鹿をおそって暗殺します。自宅にいた父の蘇我蝦夷は、家に火をつけて自殺します。これを乙巳の変(いっしのへん)といいます。

蘇我氏をほろぼすと、中大兄皇子は皇太子となって新しい政府をつくり、政治の改革を始めます。この年、中国にならってはじめて年号を立て、大化と定めたといれ、蘇我氏をほろぼしたことに始まる政治の改革を大化の改新といいます。

スポンサーリンク

大化の改新の政治方針

646年、新しい政府は、改新の詔(天皇の命令)を発布し、新たな政治方針を示します。

  1. これまで皇族や豪族のもっていた土地と人民をすべて朝廷のものにする(これを公地公民という)。
  2. 全国を国・評(郡)に分け、国司・郡司という役人をおく。都の近くは畿内とする。
  3. 戸籍や計帳(税の台帳)をつくり、朝廷が人々に土地(口分田)をわりあてる班田収授の法をおこなう。
  4. 新しい税のとりかたを定める。

天智天皇

朝鮮半島では、新羅という国が中国の唐と協力して、日本と親しかった百済をほろぼしたので、中大兄皇子らは朝鮮半島に軍隊を送ったが、663年白村江の戦いでやぶれた。その後、中大兄皇子は、都を近江(滋賀県大津市)に移し、天皇の地位につい て天智天皇となり、わが国最初の法典(近江令)やわが国最初の戸籍(庚午年籍)をつくった。

天武天皇

天智天皇が亡くなると、天皇の地位をめぐり、天智の子・大友皇子と天智の弟・大海人皇子が争い(壬申の乱)、これに勝った大海人皇子が天武天皇となります。

大宝律令

701(大宝元)年、文武天皇のとき、中臣鎌足の子である藤原不比等らが編さんした大宝律令という法典が完成します。

中大兄皇子(天智天皇)が改新の詔で言ったことを、そのまま実行した内容になっています。ここで、律令国家がひとまず完成したといってよいでしょう。

律令の内容

  1. 朝廷では天皇のもとに太政官が政治を分担する。
  2. 全国を国・郡・里に分け、国司・郡司・里長をおく。国司は朝廷が貴族の中から任命する。
  3. 戸籍と計帳(税の台帳)をつくり、6歳以上の男女に土地(口分田といい、女は男の3分の2の面積)をわりあてて耕作させる(班田収授の法)。 口分田の税であるは、稲の収穫高の約3%
  4. 成年男子は、調(特産物)庸(都での労働か、かわりの布を都に運んでおさめる)。が課される。
  5. 成年男子は、国司のもとで労役(雑徭)、交代で番兵(都で衛士、九州で防人)となる義務。

演習【中学歴史】飛鳥時代の一問一答

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る